菅原大地プロが解説!最大効率スイングでゴルフスイングの基本をご紹介【動画】

ゴルフ初心者の方、途中で打ち方が分からなくありますよね。・・・。そんな悩みに効果的なドリルを菅原大地プロさんが答えます。動画で紹介されてるドリルはダフリやトップしやすい方も想定されているので初心者に多いこういったミスへの解決の道標になるかもしれません。ぜひ参考にしてみて下さい。

途中で打ち方が分からなくなった初心者向けのドリル

どうも、菅原大地です。横浜ハンズゴルフクラブからお送りします。

今日はですね。ゴルフ初心者に向けた、そして途中で打ち方が分からなくなったっていうそんな方に向けた練習ドリルですね。

これは以前の動画でもですね、紹介したドリルになるんですが・・・なんでじゃあこのドリルがそのスイングいいのっていうことも今日はプラスして紹介しながら改めてこのドリルやってくださいねっていう・・・。

最近ですね、この Daichi ゴルフ TV 初心者の方もも多く見てくださってるということなので改めてこの基本の動きを習得できるドリルをご紹介していきたいと思います。

クラブはですね。ピッチングを最初は使っていただけると良いかなと思っております。長いクラブでもできるんですけど、ピッチングがまずやりやすいですね。どんなドリルだったからまずはやってみたいと思います。

まずグリップ、構えしっかりセットアップをしていただいて、この状態からクラブを水平に近いところまでこの手首で持ち上げます。でーここから、肩とお腹をこう捻る。同時にクラブをこのトップのポジション肩の高さくらいに持ってきて、捻ったものを捻った体を戻しながらこう手は下に、そうするとアジャストできるような感じです。

こんな感じでした。上げて捻って戻す。こういうドリルです。これは多くの方にスクールでも実際にやってもらったんですけどやっぱりこれをやると動き、調子が良くなるという方は非常に多いですね。

イーブンにも掲載?腕と上半身の一体感が自然と生まれるドリル

これはあの本でも今年発売した一番最初に発売した最大効率インパクトの基本編、ゴルフ雑誌イーブンから発売した本ですね。それにも紹介してある基礎練習ドリルです。上げる捻る、戻す。以前、このドリルを紹介した時もコメントでなんかこのドリルをやるとめちゃくちゃ良くなって普通に打つとなんか当たらないんですけどそのまま打ってもいいですかっていう人がいたくらいですね。

これは非常に効果があると言うドリルなんですが、どういう効果があるかって言うと改めてご紹介していきますとまず構えがちゃんとできてるとか、グリップはちゃんとできてるっていうこれは前提なんですが、クラブを水平の近いポジションまで持ち上げるって事はやっぱりここで、「てこの原理」で左手は押してる、右手は引いてるって言うこの「てこの原理」が加わるわけですね。

これは以前からも言ってるこのクリップを握った時に左手が押す方で右手が引く方、引っかかってるほうですよっていう。

なので、左腕がまっすぐで右肘はちょっと軽く曲がってるこういう形になるといいですっていうのが「持ち上げる」というこの作業でできると。

でもう一点はこの時に左前腕に力が入って、まぁ右手はこの三頭筋っていうのかな。柔らかいぷにぷにした部分、ここに力が入る。でこのクラブを持つ最低限の力も腕に入ることによって軽く脇が締まる感じ。まぁちょっと胸筋の辺りもちょっと力が入る。

そうすることで腕と上半身の一体感もこの持ち上げるという動作で生まれますという。なんでいろんな効果があります。ここでグリップが押す引くっていう形になると腕と上半身の一体感できる。でこの左腕右腕で押す引くっていう状態で体を捻ること、そして手を下に下ろすということで、これはこの前後のどちらかでお知らせしてるクラブのしならせるという話をしてるんですけど、しならせるために必要なこの形っていうのは今左手は押してみ右手は引いてるという話をしましたけど、今そのまさにその形はできてる状態で上下動するのでクラブがしっかり下に向かって落ちるパワーが生まれるということですね。

自分でこうアーリーリリースになるような腕の使い方じゃなく、タメができるような状態でクラブを上げられているのでシンプルに下に手をを戻すだけで、ここにドンと力強くヘッドが落とせるパワーが生まれると。

体に関してはシンプルにひねって戻すっていう余計な動きが入りづらい。捻って戻す。通常セットアップのポジションから始めようとするとクラブを上げるという動作の時に体がスウェーしてしまったりとか、うまく捻じれが入らない。この上げるっていう動作が意外となんとなくどこにあげたらいいのか分からなかったり、腕でやってしまうとかそこで結構複雑な方向にクラブが腕が動いてしまってエラーが起きてしまう。

体もスウェーしてしまったり頭も動いてしまったりとかいろんなエラーが起きるんですけどこの一回持ち上げたことによって、もう一体感、体の一体感、上半身も良くなるし、下半身もこの重たい腕、クラブを少し持ち上げるポジションによってちょっと重心が安定するんですよね。それによって捻ってるんで、あんまり頭とかもブレづらく、シンプルに手は下に体は左に戻っていくっていう動きになって非常にバランス良く振ることができるというそういうドリルなんだなっていうことがやり始めて、こう YouTube とかもやり始めて自分自身もちゃんと説明できるようなになってきましたっていうことですね。

あのーこのドリルは最初紹介した時は何でこれがいいのかっていうのはまた腕の一体感ができていいんですよっていうのが言ってたかもしれないですけど、本当に詳しく今の押してる引いてるの動きでタメができるとか、自分自身でも理解した分かってやってなかったと思いますし、最近この動画きっかけにそういう効果もあるよねって事をあらためてわかってきましたし、この YouTube をですね。まあ多くの初心者の方見てくださってるって事なんでこうやっていく。

自然なハンドファーストでインパクトもできますっことで体を回す時の一つのポイントとしては捻った体を引っ張り腕から肩から行くんじゃなくて足を動かして肩よりも先にお腹が先に動き始めこれがはもうできれば綺麗なハンドファースト、ダウンブローでインパクトができると思いますので・・・。

ダフリは体の回転不足が原因。お腹を左サイドにスイッチさせよう!

症状としてダフる方はもうちょっと体が下半身が結果的にタイミングとして先にもうちょっと動かしたいよねっていう方です。ダフるということはつまり体の回転不足によって手元がリードされずに手前に落ちてしまったりとか、回転できないとこういう上下動と右肩が下がって左肩が上がる。

こういう動きになっちゃうとまぁダフリもしくは煽ってトップになっちゃうんで。しっかりお腹が左サイドにスイッチ、左に向く動き、スイッチすることでこの右肩が下がり過ぎずにスイッチできる。

もちろん左肩のところに右肩が来るような感じなんで、この後ろから見ると、もちろん下がってるんですけど、正面から見たときこういう動きにならないように注意してくださいっていう方ですね。

トップの原因は手元の高さ。前傾の保ち方、骨盤、腰の動きにも要注意!

でトップしちゃうっていう方はまぁいくつか原因がありますが、切り返しの時にこの骨盤がまっすぐになってしまう。しっかりこの斜めにキープした骨盤が入れ替わった時にこの右腰のあたりが少し下がっていく、こういう前傾が保てた動きはできないと トップ する可能性もあります。もしくはいい動きなんだけど、手元が高い場合があります。手が高くなってしまう。これは今まで手を一生懸命伸ばして、打ってたりすると手元の高さって高い位置でインパクトになっちゃうんですね。でも実際ハンドファーストとか、体を使ったインパクト、体を使えてくると手ってもうちょっと低い所に持ってこれる。

なので良い動きをできてるんだけどトップしてしまって方もいるので、この手を下げる。低いところに下げてくる。これが左手をしっかり押せているって事でしたね。インパクトでは自然に最後は左ではこう引いてくるような形になってヘッドが前に行ってくれます。

ということでダフりやすい人は体を回しましょう。トップする人はもうちょっと前傾の保ち方、骨盤、腰の動きに注意するもしくは手元をしっかり下げましょうということですね。

まず良い構え、良い構えができていることが条件です。骨盤がこの時にこうまっすぐなってるとか、そういう風にならない。腰がはまる。腰がはまってる状態で上げる、捻る、戻す。

こうするればバランスよく振れてくるといます。

ドライバーは手元が低い位置から巻き付いてこないと打てない!

えーと、長いクラブでやる場合はですね。まあちょっと一番長いからドライバーだと思うんでも非常に難しいですね。なんで難しくなるかって言うと、この上がった手は下に下げるって意識なんですけど、その時にやっぱりクラブをフラットに少し上から寝かせるような形から巻きつけてこないといけないので。

結構このドリルを最小初心者の方にこうやってもらうとこんな感じになります。みな手を振ってですね。チョロになっちゃうんで。この状態からチョロならないするためにはクラブを上げる、ひねる。この時にちょっとピッチングとの違いはこのクラブの傾きですね。少し斜めにそして手元もしっかり下げながら、下げながらって順番的には手が先に動いて、下半身リードによって手が下がりながら、低いところから入ってこなきゃいけないので。

結構この動きをマスターするのはこう中級、上級編と言うかもうこれ出来ればめちゃくちゃドライバー打てると思います。

まずはピッチングで最大効率スイングの基礎を身につけよう!

ピッチングからのほうが打ちやすいです。後はそのドライバーってある程度遠心力、バックスイングからですね。遠心力とかいうかしなる、巻き付くって動きから、うまく流れが出来上がってくるものなので。

一回止まった状態から急に動くっていうのは実際すごく難しいというか、クラブがしなって来ないので、すごく難しいです。

だからこの動きとして、流れが途切れないようにあげる、ひねる、回すっていう風に動きが途切れないようにやるのは少しやりやすくなるんじゃないかなと思います。

上げる、捻る、こうトップのところでクラブを止めない。そういうことは大事なポイントになってきます。そうするとスムーズにスイングとしてはは出来やすいのかなと思います。ただ普通にスイングするよりも、このドリルでドライバーをやった時の方がちょっと巻きついてくる感覚が個人的にはすくなくなるかなと思うんで、あのバランスを崩してしまうとかスウェイをしてしまうとか、そういう方にとっては一つの練習法としていい練習法だと思います。

まずはピッチングでやっていただいて、その基本となる捻る戻すの動きクラブを上げる下ろす上げる下ろすこの動きをしっかり理解して他のクラブでのちょっとずつ違ったコツを掴んでいただければと思います。

今日は初心者の方も中上級者もぜひやっていただきたい練習ドリルご紹介させていただきました参考にしてみてください。

 詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓