3ステップで宮下プロに学ぶ。ゴルフスイング時の右肘の正しい使い方【動画】

トップからダウンスイングまでの右肘はどのように動かせば良いのか?初心者だけでなく、上級者でもこのあたりの話は少し難しい。どうやったら理想的なスイングを手に入れられるのか、悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?今回は宮下プロが右肘の使い方を3ステップで解説する動画をご紹介します。おすすめですのでぜひ参考にしてみて下さい。

地面を向けてあげたら、右の肘は地面を向けておろす

皆さんの中にこんな方いませんかね右腕の使い方がなんかしっくりこないんだよとかですねそもそも右腕の使い方を知らないなんて方ですね今回の動画を最後まで見ていただいてお悩みをね解決してほしいなと思います。

はい今回の目次は全部で三つですまず一つ目はバックスイングのこの記事はですね地面を向けてあげるダウンスイングも右の肘は地面を向けておろすっていう話です。

で二つ目はトップポジションでこの右肘は肩と同じ高さが正解っていう話そして最後三つ目はこの正しい右肘を身につけるための練習方法ですね。

この3項目で今回の動画をお届けします。スタートです。まず一つ目行きます。

まず一つはですねバックスイングダウンスイングではこの右肘を地面に向けて上げ下げするっていうお話です。

もう先に結論を言ってしまうとバックスイングでは右肘は地面を向いてあげてダウンスイングでも右肘は地面をむいておろすことが正解なんですね。

でその理由なんですけれども指示を地面に向けることによってクラブヘッドが正しいスイング軌道に治ったりとかあるいはてあげて家っていうのを抑制できるからなんですね。

電話ですよこういう風に僕はゆうと視聴者の皆さんの中にマッシュルームを日にちが上を向いてるよっていう風に思う方いるかもしれませんね。

確かにマシューウルフ選手は肘がね上をむいています。でもですよ。彼はですね。わざと肘置き外したりとか上を向けているわけではなくてジュニア時代からの曲でそういうスイングになってしまったはずなんですね。

その証拠にマシューウルフ選手は彼のゴルフの先生だよジョージガンカスさんにですね。この記事直した方がいいんじゃないですかって言うんで相談してるんですね。つまりですね。彼はこの指示をやばい地面に向けた方がいいんじゃないかなと思って悩んでいたんですね。

そんなこともあってバックスイングでは右の肘は下に向けてあげてダウンスイングで右肘は下に向けて地面の方に向けておろすのが正解だって風に僕は考えています。

でそこで大切になってくるのがじゃあどうやったら右肘を地面の方に向けながらあげて締めの方に向けながらおろすことができるかってことなんですよね。

まずアドレスで大事なのはアドレスした時に肘を少し内側に絞る自分の方に右肘を向けて送ってことが大事ですこれがね逆になってるとやっぱり外に外れやすいのでちょっと内側にした方が生地がしっかり地面の方を向いてあげることができるんですね。

そしてトップポジションでこの肘を下に向けるためには手のひらを上に向けるイメージはちょっと古い形をするとこ出前餅のイメージお蕎麦屋さんですね。

あのイメージだと肘が下を向きやすくなるのでダウンスイングでも肘が下を向くような動作をやりやすくなってくるんですね。

皆さんもこの右肘をしっかりですね地面の方に向けて肘を上げ下げするこれを意識してみてください。お願いします。

はいじゃあ実際に打ってみたいと思います。右肘金しか地面を向くように気を付けて打ちますね。そう右肘金ちゃんとこ地面を抜くように気をつけて打ちます。

あげる時の右肘って結構大事なんですよね。皆さんもこの右肘の向きですね。下を向くように気をつけてボールを言ってくださいお願いします。

トップポジションの右肘は右肩と同じ高さ

はい二つ目です二つ目はですねトップポジションのこの肘の高さ右肘の高さは右肩と同じ高さだよっていう話です。実は右肘が右肩より高くなってしまっているスイングこれをアップライトスイングは縦振りスイングって言ったりしますね。

反対に右肘が 高さだよっていう話です。実は右肘が右肩より高くなってしまっているスイングこれをアップライトスイングは縦振りスイングって言ったりします。

で反対に右肘が肩より低いスイングフラットスイング日本的に言うと要綱ぶり会っています。プロゴルファーの中にも縦振り横振りアップライトスイングフラットスイングいろんな選手がいるんですけれども何が基本ですかって言われたらそのちょうど中間右の肩と肘が同じ高さになってる市トップポジションのスイングが基本理想だっていう風に僕は考えています。

もう一つ別の目安で言うとこの脇の角度ですね。大体90°cぐらいになっていると肘と肩の高さが一緒になります。

でこれはですね赤髪とかあるいは窓柄明日なんか最近だとますスマホで睡眠をとってもいいですよね。それでチェックすることができますのでぜひ皆さんもですね自分のスイング肘の高さがどうかなっていうの是非セルフチェックしてみてください。お願いします。

はいじゃあ実際に打ってみたいと思います。今度は肘の高さね肩と同じ高さに肩と同じ高さになるように気をつけますね。フライトになり過ぎないとかをフラットになり過ぎないとかね肘が肩と同じぐらいなってるかどうか意識して打ちます。

皆さんも生地の高さに気をつけて理想的なスイング目指してください。お願いします。

右肘の動きを効率よく身につけるための練習方法

さて最後はですね。今までご説明してきたこの記事の動きを効率よく身につけるための練習方法を紹介します。

はいじゃあ最後はですね。この右肘ですね。これを正しく効率よく身につけるための動作これ二つ紹介しますね。

でこれなかなかちょっと難しいかもしれませんので一回で理解できない快楽をちょっと巻き戻して頂いて何回も繰り返して見てみてください。

まず一つ目は左左手の甲ですね。こうを肘の外側に当てて少し子テンションかけるってこっちがに少しテンションかけます。これでバックスイングをしていくとこれ肘が上を向いてしまう人はちょっとねやりにくいなっていうに感じると思います。

これをバックスイングだけで何度も繰り返すんですね。でその後でボールを打ってあげるとそう肘がしっかり下を向いたスイングっていうのがしっかり身についてくるようになるんですね。はいじゃあ実際に撃ってみたいと思います。

この練習方法ですね。手を肘の裏に合わせてちょっとテンションかけて肘が上を向かないようにもコラボ高校生の結構行ってたんですよ。でそれをやってから打ちますね。肘がね上を向かないでしっかり下を向くようになるはず皆さんも是非もう一つの方法はいったんトップポジションでスイングを止めてからボールを打つ方法です。

これ順序立ててちょっと説明をするとまずでトップポジションで止めるんですね。この時に手のひらが上むいてるかなーとか肘が下向いてるかなっていうチェックをします。次にですね。骨盤の回転をしてすぶりトップポジションで手のひら市場をチェックしてから骨盤の回転をして打球これをやることによって水が体にしっかり染み込ませるんですね。

はいじゃ実際に撃ってみたいと思います。一枚でトップポジションの位置を確認すると腰が高さどうかなとか手のひらが上になってるかなで骨盤を入れて藤島です大丈夫だなさてここの1番ホールはフェアウェイがめちゃ狭いんだよね。フェアウェイトライアルかどうかよろしくです。

戸田 BB サイド大丈夫です。是非この二つの方法を皆さん試していただいて自分がある方是非取捨選択してみてください。すぐにだけだとラウンド中も行いますので 顔をお届けしましたなんとなく猫バックスイングしてる方もこの右肘の高さとか角度とか手のひらの向きとかそういう事に注目してぜひバックスイングの正しい右腕の動作これをね身につけてほしいなと思います。

今回は以上で終わりたいと思います。ハバナイスゴルフ。さよなら今日の7月の23日なんですけども連日30°c超えの暑い日が続いてますよね皆さん熱中症に気をつけて楽しい夏ゴルフをバイバイ 。

 詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓