ビギナー必見!ゴルフの基本のボールの位置ってなに?

グリップ位置や姿勢、頭の位置などアドレスでボールを打つ前にゴルファーというものは色々とあれこれ考えなくてはなりません。これは自分のイメージに近い弾道でボールを飛ばすためには大切な過程なので省くわけにはいきません。そういったチェック項目の1つにアドレス時のボールの位置というものがあります。ボールの位置というのは状況や打ちたい球筋に応じて打ちやすいように微妙に変化させなければなりません。今回はアドレスを取ったときのゴルフの基本のボールの位置とは何なのか、そして状況に応じてボール位置を変化させるとはどういうことなのかを解説します。

基本的なボールの位置は両スタンスの真ん中

皆さんはアドレスでボールのポジションを決めるとき、体のどのあたりにボールを置くように意識していますか?ゴルフのスタンスにおいて、初めにチェックすべきボールポジションというのは実はこの位置に絶対におかなければならないという絶対的な決まりというものはありません。

ただし、一般論を申し上げるならばウェッジクラブなど、小さなクラブはアドレスした時にちょうどボールの位置が肩幅ほどに開いた両スタンスのちょうど真ん中くらいの位置にボールをセットするのがセオリーです。特に短めのクラブというのはロフト角がしっかりついていてソールもそれなり広くて滑りやすいので体の真ん中くらいにボールをセットして自然な角度でヘッドが下りてくれば、ボールは高く舞い上がってくれます。でも、これを右利きの方があまりにも左足寄りにボールポジションを設定してしまうとコスリ球やスライス、トップといったミスが出やすくなってしまいます。ですので、絶対にスタンスの真ん中にする必要はありませんがなるべく右足寄りの位置にボールをセットした方がショット自体の成功率は高くなるでしょう。

なお、アドレスでボールポジションをなるべく間違えることなく、正確に毎回同じ場所にセットする感覚を磨きたいという方はクラブや最近流行のアライメントスティックなどを活用すると良いでしょう。こういった器具を活用する時はまず初めにスタンスの方向性を決めて、ボール位置のやや前方にスタンスと平行になるようにアライメントスティックやクラブを置きます。そのうえで練習ボールを両スタンスのちょうど真ん中の位置に1つボールを置いておきます。あとはそのボールと同じライン上の手前側にボールを毎回置いてスイングするだけで毎回同じ位置にボールを置いて打つ感覚を養うことができます。

アイアンを打つ時のボールの位置とは?

ウェッジのボール位置を最初に説明させていただいたので次はアイアンのボール位置の確認です。ウェッジと同様にアイアンにも決まったボール位置というのは存在しませんが、一般論の話をすればアイアンのボールの位置というのはウェッジを構えたときのボールポジションから少しずつ、左足側に寄せていくイメージでボールポジションを決めていくのが基本的なセオリーとなります。

したがって、SWよりも少し大きめのPWくらいから順にボール4分の1個くらいずつ、番手が変わるごとに左足側に移動していくのが一般的なボールポジションの決め方です。しかしながら、これもあくまで一般論ですのでスイングが少しインサイドアウトのアッパーブロー気味にヘッドが入ってくるという方はあまり右足側にボールポジションを持っていくとボールを最下点でとらえることができなくなってミスが増えてしまいますし、逆に少しダウンブローが強めで打ち込んでいくタイプのゴルファーはやや右足側にボール置いた方が厚みのあるインパクトになります。ですので一概にこの位置に持ってくるのが正解というものもありませんし、アイアンショットに限った話ではありませんがボールポジションというのは個人それぞれのスイングのタイプ別にも適正位置は変わってくるので自分が最も打ちやすいと感じる位置があなたの適正なアイアンショットのボール位置ということになります。

ただ、一般的なセオリーとしては番手が上がるにつれて真ん中よりも少しずつ左足側にボールポジションを寄せていった方がボールは捉えやすくなります。

ドライバーを打つ時のボールの位置とは?

ドライバーも決まったボール位置は無いというのは同じなのですが、基本的なセオリーというのはアイアンショット同様にドライバー同様存在します。雑誌やテレビ、書籍などのレッスンで良く語られることの多いボール位置というのは左足踵線上又は左足の内側ライン上です。どちらも同じポジションのことを言っているのですが、アドレスした時のスタンスというのはこれも千差万別で右利きであれば、左足のつま先を少し開いて構える人もいれば、まっすぐにした状態で構える人もいるなど様々なパターンが存在します。さすがにつま先を内側に入れて内股でスイングしている人はあまり見ませんが、要するに左足のつま先位置は少し左に寄り過ぎていて、それよりもやや右足側、つまり中央寄りのやや左足の側面(内側)ライン上にボールを置くのがもっとベストなポジションだということが言いたい訳です。

このボールポジションについては賛否両論あって、近年の最新理論をまとったスイングというのはダウンスイングで左足にどんどん体重を乗せて打っていくのでやや左足側にボール位置があった方が方向性は良くなる、打ちやすくなるという意見もあれば、ジェイソン・デイ選手やロリー・マキロイ選手のように、ダウンスイングでヘッド真横から押し付けるようなスインガーはほとんどが左足内側ラインよりももっと内側にボールを置いて打っているという意見もあって、こちらもスイングの個人差を考えながらボール位置決めていく方が正しいようです。

ただ、14本のクラブの中でも最もシャフトの長さがあり、スイング中に強い遠心力がかかるということを考えると、体の中心というよりかはなるべく左足側にボール位置があった方が振り遅れによるプッシュスライスやシャンクといったミスがが出にくいのは確かですし、このポジションの方がしっかりフィニッシュまでクラブを振り切れるというゴルファーが多いでしょう。とりあえず分からないとうう方は、まずは左足内側ライン上にボールを置いてみて、打てそうであれば少しずつ内側にボールをセットし直すということを繰り返して、自分に最も合うドライバーのボール位置を決めてみてはいかがでしょうか。

傾斜地や状況に合わせてボール位置はこまめに変化する

ここまで、ウェッジ、アイアン、ドライバーとそれぞれのボール位置について解説してきましたが、最後に傾斜地や状況に応じてボールを位置を変化させる必要性について、一言お話しておきましょう。

ボールの位置というのは練習場のようななるべくアドレスした時の地面がフラットな状況からボールを打てる時は、上記で説明した通りのポジションにボールを置いて打っていった方が良いかもしれませんが、足の裏がフラットな状態でアドレスできない状況、つまり傾斜地からボールを打たなければならない状況では当然、そういった状況に合った打ちやすいボール位置というものが存在します。あくまでこれも一般的なセオリー理論という話になりますが、最後にいくつかパターン別の対処法をご紹介します。

例えば、つま先上がりの状況を考えてみましょう。つま先上がりというのは傾斜なりにアドレスを取ってクラブを構えると、どうしてもクラブのトゥが上を向いてフェースもやや左を向きやすくなってしまいます。つまりやや左に行きやすい状況ということが予想されます。左に行きやすい状況でボールを左足側に置くと、クラブが閉じた状況でインパクトしやすくなるのでますますボールが左に飛びやすくなってしまいます。そこでつま先上げりの傾斜地からボールを打つ時はやや右足側寄りにボールをセットします。こうすることで傾斜なりにボールが左に曲がっていくことはあっても過度に引っかけすぎてしまうといったミスを未然に防ぐことができます。これと同じ考え方でつま先下がりの状況ではどうでしょうか。このような状況では先ほどとはトゥは逆に下を向きやすくなってしまいますよね。つま先下がりというのは自然に打っても右側にボールが飛んでいきやすく、フェースが開いて当たりやすいのでインパクトでフェースが閉じた状態で当たりやすくなるようにややボールを左足側寄りにセットした方が傾斜なりに右に曲がりはするものの過度なスライスやシャンクといったミスが出にくい状況を作り出すことができます。

傾斜地というのはこれ以外にも、左足下がり(アップヒル)や左足下がり(ダウンヒル)など様々なパターンが存在しますが、ボール位置を決めるときは、どのような位置にセットすればミスが出にくくなるかを考えることが大切です。傾斜地というのは練習場のフラットな位置からボールを打つ時とは必ず違う感覚でボールを打つことになるので、コースでのトライ&エラーの詰み重ねが最終的には自分自身の経験値となります。したがって習うよりも自分自身で最適な解決策を見つけ出していくことが大切ですが、なるべく色々な経験をして技の引き出しを多く持っておくことが大切です。失敗を恐れずに様々な方法を試してみてください。ちょっとした遊び心を持って何事もチャレンジすることがゴルフでは上達への早道となります。是非、色々と試してみて下さい。