初心者に読んでもらいたい!ドライバーを打つ際に意識すべき4つのこと

皆さんにとってドライバーとはどんなクラブでしょうか?難しいクラブ?それとも易しいクラブ?変な苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか?今回は初心者にこそ読んでもらいたい、ドライバーを打つときに意識したいことを4つまとめました。上級者の方も参考になることあとがあるかもしれません。

とにかく正しい立ち位置を覚える

まず、ドライバーで飛距離を稼ぐためには、正しい立ち方、立ち位置を覚えるとことが大切です。ドライバーも他のゴルフクラブと同様、自分で打つと決めた方向に対して、左右のかかとを結んだ線上が飛球線と並行になっていなればなりません。これがいわゆるスクエアスタンスと呼ばれているものです。ゴルフスイングとは飛球線に対してスクエアなスタンスで体がボールと対峙していることを前提にフォームを作っていきます。もしスタンスが飛球線方向と全く違う方向に向いているとしたら、その時点で前提がくるってしまうことになります。そうなるとあなたのスイングフォームはどんどんとおかしな方向に向かっていきます。もちろんそのような状態ではボールもまっすぐ飛ばないでしょう。常に足元は飛球線方向に対して平行に構える、その時ちょうど両肩のラインも飛球線に対して平行、これが基本です。まずはこの構え方を習得することが大切です。

飛ばすことばかりを意識しない

ティーショットの際にドライバーで飛距離を稼いでおくことは とても大切なことですが、それはプロやトップアマの世界の話です。確かに1打目に 飛距離をガンガン稼いでおくことはコース攻略の上ではその後のセカンドショット、サードショットが確かに楽になることにつながります。しかし、飛距離を伸ばすことばかり意識しすぎると、不用意に力が入ったり、スイングスピードが速くなってしまったりします。そうなると当然、チョロやOBなどのミスショットが出やすくなってしまうこともゴルファーなら知っておかなければなりません。

飛距離を伸ばしたいのであれば、いつもより大きめのゆったり大きなスイングを心掛けたり、クラブを気持ち短く握っていつも通りのスイングを心がけて、ヘッドの芯にボールに当てることを心掛けた方が結果として飛距離が伸びてくれることもあります。大きな魚を狙いに行くのではなく、いつもより少しばかり飛んでくれればいいなくらいの心持ちでスイングした方が結果は良いということもあるもんです。ぜひ、試してみて下さい。

ドライバーはティーアップの高さが重要

ドライバーでティーショットを打つ時のティーの高さはボールがヘッドより半分くらい出ている状態が理想的な高さだと言われています。ドライバーの距離がまちまちで飛んだり、飛ばなかったりするという方はもしかして木製ティーを良く使ってはいないでしょうか?

木製ティーはインパクト時の抵抗が少ないのでプロやトップアマの多くが愛用しています。しかし、ティーグラウンドで毎回、同じ高さにボールをセットするのが難しく慣れていない方だと毎回長さがマチマチになってしまいがちです。ある程度、慣れるまではティー自体にサインペン等で目印を付けてセットするのも良いでしょうし、場合によっては誰が使っても毎回高さが同じになるプラスティックティーなどを試してみても良いかもしれません。

ドライバーを少しでも飛ばしたいのであれば少しだけ高めにティーをセットすると良いとされていますが、こればアッパーブロー気味に打っていくテクニックがなければ、必ずしも良い結果が得られるという訳ではありません。人によってはレベルブロー気味に打っていく方など、少しだけ低めにティーの高さを合わせた方が強い弾道で飛んでいくということもあるでしょう。また、あまり高くティーアップをしてしまうと、クラブヘッドの上部に当たりボールが高く上がりすぎてしまうテンプラになってしまうので注意しましょう。ティーの最適な高さというものは人それぞれです。自分にとって最も適切な高さとはなんなのか色々と試してみてはいかがでしょうか?

いつもの通りのリズムでいつも通りのスイングを心がける

ボールにしっかりミートしたい時はいつも通りのリズムとスイングを心がけるよことが大切です。ボールを曲げたくない時ほど慎重に丁寧なスイングリズムでボールを打っていくことを第一に考えることが大切です。

いつも通りのリズムで打っていくということは決して簡単なことではありません。例えば、打ち上げホールなど、ボールを上げたいという意識が働きすぎてしまう状況では インパクトで上体が起き上がりやすく、右肩が下がってスライスが出てしまったりすることが多々あります。また、チョロやトップといったミスも同時に起こりやすい状況です。こういったスイングのバランスの乱れは飛距離の大幅なダウンとショットの方向性の不安定化につながってしまいます。同様のミスをしてしまったことがあるという方はぜひ今一度自分のゴルフを見直してみてはいかがでしょうか。