初心者におすすめ!ゴルフのドライバーをスイングする際に意識すべき4つのこと

アイアンなら上手く打てるのに、ドライバーとなるとティーショットを打つときに不安になってミスショットを連発したり、思い通りの飛距離を稼げなくて悩んでいる人も多いのではないのでしょうか。今回は初心者だからこそ知っておきたいドライバーをスイングする際に意識すべきことを4つご紹介します。

横振りが基本のドライバーというクラブ

アイアンのようにフェアウェイやラフからのショットで多用するクラブは縦振りでクラブを振りますが、ティーアップしたボールを直接ダイレクトに打ち抜くドライバーは横振りでクラブを振った方が球筋が安定します。横振りスイングというとイメージが湧きにくい方も多いかもしれませんが、ボールのやや後方斜めからヘッドを入れていき、ボール側面の横っ腹をしっかりミートさせるような感じと言えば大体納得できるのではないでしょうか。

アイアンのような上から下に打ち付けるような縦振りのスイングは、ボールを潰すようなイメージで打って、スピンを使って高く上げたい場合にはそのような打ち方がベストです。ですが、なるべくアッパーブロー軌道でロースピンの弾道で飛んでいく球筋が望ましいドライバーのような長尺クラブを打つ際は、フケ上がりなどのミスショットにつながりにくい横振りスイングの方がクラブの特性を最大限に生かせるので打ち方としてはそちららの方が合っています。

横振りのイメージでドライバーを打ちたい場合、ダウンスイングで右肩が下がってしまわないように気を付ける必要があります。右利きゴルファーはヘッドを水平に動かそうとすると、どうしてもダウンスイングで右肩が下がってしまいすくい打ちでクラブを振ってしまいがちです。アドレスでクラブを構えたら、ボールを下からのぞき込んでしまったりしてはいけません。頭の位置を変えないイメージで手元が腰のあたりまできたら、肩を平行に回すイメージで一気にボールを打ち抜きましょう。そうすることで、右肩のが下がってしまった場合に出やすいシャンクや極端な右スライスを未然に防ぐことができます。

ドライバーを打つ時は前傾姿勢を保つ

ドライバーで横振りを成功させるもうひとつのポイントが前傾姿勢の維持です。なぜ前傾姿勢がそれほどまでに大切かと言うと、その理由は2つあります。ひとつはダウンスイングでボールと目との距離を変えずにボールを打ち抜くため、そしてもうひとつはダウンスイングでしっかり大きな「懐」がある状態で腕を振り抜くため、です。

どちらもミート率に直結する話ですが、要は下半身がどっしり安定感があると、上体の動きも邪魔されにくく、腕や手首もスムーズに振る抜きやすくなるので「前傾姿勢」の維持がとても重要だということなんですね。前傾姿勢が崩れてしまう人は上体の動きが下半身の不安定化によって邪魔されてしまうので横振りのイメージで振りたくても思い通りに腕を振り回すことができないワケです。

綺麗な前傾姿勢の作り方と前傾姿勢をなるべく維持しやすい構え方は以下の通りです。興味がある方はぜひ試してみて下さい。

<手順1>

股関節から背筋をしっかり伸ばして、お辞儀をするように腰から下を前にかがむ。この時に、 両胸はしっかり張りを持たせて背骨は真っすぐの上体を保つ。

<手順2>

ひざはすねからしたが、地面に垂直になるように立つ。この時にお尻を天井に向かって突き出して、体重は2本足の土踏まずにかかる上体で踏ん張る。

<手順3>

両胸と背骨が張りのある状態で突っ張った状態ではスイングがしずらいので、いちどだらりと力を抜き、背骨が少し丸まっているくらいの状態でスイングを開始する。

理想的なスイング軌道でドライバーを振っていくためには、アドレスからフィニッシュまできちんと前期姿勢を保てるスイングを目指す必要があります。

ドライバーのスイング中はスピードを最後まで緩めない

ここ一番でのドライバーショットでイマイチ実力を発揮できない方って多いですよね。アマチュアゴルフで良くあるケースとしては、テークバックからトップまでは勢いよくクラブを振り上げるのに、ダウンスイングで急に減速してしまって、いわゆるトップやダフリのミスを誘発しているケースです。ショートアイアンやウェッジのような長いクラブであれば、インパクト直前に小手先の力で無理やりヘッド軌道をコントロールするなんてことができるかもしれませんが、ドライバーのような長尺クラブは小手先の力で何とかしようとしても、強い遠心力が発生しているのでどうにもならないことの方が多いです。それに、0コンマ何秒みたいな世界の話なのですから、ミスを恐れず思い切り振っていった方が余計な動きが抑制されてボールは真っすぐ飛んでくれることが多いですよ。

ダウンスイングではあまりグリップを強く握らない状態でフィニッシュまでスピードを緩めずに一気に振り抜くことが大切です。手や腕に力が入って力みそうな時は大きく深呼吸し、気持ちを落ち着かせてからスイングするようにしましょう。ちょっとしたことを変えるだけであなたのドライバーの飛距離は伸び、ティーショットの成功率も確実にアップするはずですよ!頑張ってください!