初心者必見!ピッチエンドランの3つの打ち方

ランニングアプローチの延長上にあるのが途中までボールを上げてその先は転がしていくのがピッチエンドランの打ち方です。これは、アプローチの基本であり最も多く使われるアプローチなので打ち方を覚えてうまくピンに寄せられる様にしましょう。

キャリーとランが欲しい時はピッチエンドラン

ボールを飛ばして最初に着地するまでをキャリー、そこから転がることをランと呼び、グリーン周りのアプローチショットではボールを出来るだけ転がすことが大切なので、ボールを出来るだけ早く落として転がすことで距離感を合わせることが出来ます。これをピッチエンドランと呼び、まずは空中にボールを上げることが重要ですが無理にすくい上げてしまうと大きくオーバしてしまったり、逆にショートしてしまったりするので注意が必要です。

また途中にバンカーやラフ、マウンドなどの障害物がある際にも使える打ち方なので何かと選択する機会は多くなるでしょう。

ピッチエンドランでダフリを防ぐ打ち方

ピッチエンドランは短い距離のショットなので簡単なはずですが、ダフリやトップに悩まされる人が多いのも事実です。

ピッチエンドランでダフってしまう原因の一つにボールの位置が関係しています。ランニングアプローチではボールを右足寄りにするのと同じ様にピッチエンドランでも右足寄りにボールを置きます。これを左足寄りに置いてしまうことで低く打ち出してしまうとダフリの原因になってしまいます。ピッチエンドランでダフリやトップが出やすい場合には右足のつま先の前に置いてみると良いでしょう。

またアプローチショットでダフらずに確実にクリーンヒットさせるために効果的なのがバンカーを使った練習で、ボールをバンカーに少しだけ埋めて練習することで完全にヒットしないとダフってしまうのでヒットの精度を上げるのは効果的な練習方法です。

キャリーを大きくしたいならロフトを大きくする

クラブフェースの傾斜角がロフトです。このロフトの角度が大きいほどボールは高く上がる様になっており、打ったボールのバックスピンの量も多くなります。

ピッチエンドランではキャリーによってボールを上げて落とした先で転がしてピンに寄せたり、バンカーやラフ、マウンドなどの障害物を避けたりする場合に選択するアプローチなので、ボールをより高く上げたい場合にはロフトを大きくすることでキャリーは大きくなります。またロフトが小さくなるとランの比率は大きくなります。

例えばピッチングウェッジと7番アイアンで同じ大きさのスイングをした場合には7番アイアンよりもピッチングウェッジの方が弾道が高くなるのですが、7番アイアンの方がその後のランは長くなるのです。

7番アイアンではキャリーとランの比率が1:3、PWだと1:2、AWだと1:1となるので、うまく使い分けていきましょう。