初心者必見!ゴルフのスコアカードの付け方まとめ

ゴルフをプレーする際、スコアカードに点数を記入します。スコアカードはゴルフをプレーする上で非常に重要です。今回は、スコアカードの付け方をまとめました。

スコアカードをつける意義

スコアカードをつける意義は、プレーの勝敗を決めることだけではありません。スコアカードをつけることは、ゴルフの上達につながります。自分のゴルフのデータを集めることで、自分の苦手が明確になり、最適な練習を行えるようになるからです。

スコアカードは、単純にストローク回数(カップインまでにかかった打数)だけでなく、グリーンに乗ってからカップインまでの打数、当日の天候などの情報を記入できます。

苦手を明確にし、克服することで、スコアを上げられます。スコアカードをしっかりつけることは、初心者にも、上級者にも非常に重要です。

OUTとIN

スコアカードは、ゴルフ場にあります。ゴルフ場によって「縦型」「横型」「2つ折り」「3つ折り」など様々な形があります。1ページ目が前半9ホール、2ページ目が後半9ホールのものが一般的です。

ゴルフのコースは、1ホールから9ホールまでをOUT、10ホールから18ホールまでをINと呼びます。ゴルフクラブから出発し離れていくからOUT、折り返してクラブに戻ってくるからINといいます。

午前中にOUTを回り、午後にINを回るのが一般的です。午前中の結果をOUTのスコアカードに、午後の結果をINのスコアカードに記入します。先にINを回ったなら、INのスコアカードから記入します。

スコアカードの見方

スコアカードにはあらかじめ、ホールについての情報が記入されています。

・PAR(各ホールのパー)

パーは、ホール毎に決められている基準の打数です。各ホールの規定打数を示し、「パー3」「パー4」「パー5」のホールが多いです。

・Back、Regular、Front(各ホールの長さ)

ホールの長さは、ティーグラウンド(ティーショットを打つ位置)からグリーンの手前までの距離です。ティーグラウンドの位置は「Back」「Regular」「Front」の3つを記載していることが多いです。

Backは一番後方にあるティーの位置からグリーンの手前までの距離を表しています。Regularは男性が、Frontは女性がティーの位置からグリーン手前までの距離を表しています。

・HDCP(各ホールの難易度)

ホール毎の難易度は、HDCP(ハンディキャップ)の欄に書いてあります。1から18まで数字をホール毎に割り振っています。ハンディキャップの数字が小さいほど難しく、大きいほど簡単なホールです。OUTに奇数を、INに偶数を割り振ってあるので、ハンディキャップ1のホールはOUTの中で1番難しいホールです。

スコアカードの付け方の基本

各ホールの情報の隣、または下に大きい空白と小さい空白があります。ここに自分のスコアを記入します。

大きい空白はホール全体で何打でカップインしたかを、小さい空白にはグリーンに乗ってからカップインするまでの打数を記入します。

例えばパー4のホールで、4打でグリーンに乗り、2パットでカップインした場合、大きい空白には「6」、小さい空白には「2」と記入します。大きな空白に「+2」と記入する人もいますが、公式では打数を記入するため、最初の書き方がベターです。

また、自分のスコアの他に、一緒に回っているメンバーのスコアを書く欄もあります。メンバーのスコアを書く欄は、自分のスコアを書く欄に比べて小さいので、ホール全体のスコアだけを記入します。メンバーの名前は、一般に、イニシャルや名字で書きます。