初心者必見!ゴルフのショートゲームってなに?

フルスイングをせず、ボールをピンに寄せていく技術をまとめてショートゲームといいます。最近では、屋内でもショートゲームが出来る施設も整い、ラウンドをまわる前に距離感を掴む練習で使用する人も多くなって来ています。そんなショートゲームについてご紹介。

ショートゲームとは?

フルスイングをせずにショットを使うプレイのことを総称してショートゲームといいます。ですから、ハーフスイングのショット・ウェッジ・ショット、ピッチ・ショット、チップ・ショット、バンカー・ショット、ロブ・ショット、パッティングなどが含まれています。グリーン周りのアプローチ技術です。

グリーン周りでの試合なので、ウッドクラブを使用することはほとんどありません。アイアンやウェッジやパターを使用します。

ショートゲームは飛距離というより、確実にピンに寄せていくことが重要です。

フルスイングの練習ももちろん大切ではありますが、ショートゲームを学ぶことで、よりゴルフの上達につながります。

ショートゲームの重要性

ショートゲーム専用の屋内練習場まで出てくるほど、ショートゲームはスコアに響きます。

確かに、ロングゲームは大切ですが、バンカー・ショットやパッティングなどグリーン周りでのアプローチ技術が高くなければ、スコアもなかなか伸び悩みます。

プロの試合でもショートゲームは、勝敗を決めるポイントの1つです。

どんなにロングゲームが良くても、ショートゲームが打てなかったりしてしまうとスコアにも反映しません。だからこそ、ショートゲームの練習も必要です。

ラウンドを回るとなると1日がかりになりますが、ショートゲームの練習ならば近場で出来る施設も多くあるので気軽に練習にも行けるのでは?

アプローチを練習する

アプローチの練習方法は各ショットで多少異なりますが、プロに習いに行くという方法もあります。また、ひたすらアプローチの練習をする、知り合いに指導してもらったり動画をみるなりコツを掴むことが出来てから練習をする。しかし、どれもお金も時間もかなりかかってしまいますが、そんなこと言っていてはゴルフは出来ません。

自分で練習をするとなると悪い癖がついてしまったり、上達までに時間がかかり諦めてしまう人も多くいるかと思います。

グリーン周りのショットは構え方でほとんど決まると言っても過言ではないと言われるほど構え方が重要です。

構え方のポイント

アプローチショットのポイントは構え方です。

アプローチショットの構え方は、足を揃えるほど狭くとります。狭く取ることで、上半身が安定し、打点がぶれることが無くなります。

スタンスが狭いと体重移動も難しそうですが、あらかじめ左足に8割ほど体重をかけておくとスイングする時も体重移動をせずボールを打てます。

そして、ボールはスタンスをとったところの真ん中より少し右にセットするとダフリなどを防げます。

また、グリップは手首を柔らかく、短く持つことでよりコントロールできるようになってきます。手首を柔らかくするということはロングショットでも役に立ってくれます。

ショートゲームを楽しみながらアプローチのコツを掴んで、スコアアップにも繋げていきましょう!