こんな時はどうすればいい?初心者が知っておくべきゴルフクラブの使い方まとめ

ゴルフクラブは全部で14本。ゴルフを始めたばかりという方の中にはそれぞれのクラブの使い方が良く分かっていないという方もいるのではないしょうか。ゴルフというスポーツは状況に合わせて適切なクラブができなければなりません。今回は初心者向けにドライバーからパターまでそれぞれのクラブに特徴と状況に合わせた使い方をわかりやすく解説します。

飛距離を稼ぎたい時に使うドライバー

1Wとも呼ばれるドライバーはホールの第一打、つまりはティーショットで主に使うクラブです。ドライバーというクラブはその形状からもわかる通り、14本のクラブの中では最も飛距離を稼ぐことができるクラブです。 ドライバーはシャフト(柄の部分)が長さも14本のクラブのなかでは最も長く、スイング中は強い遠心力が発生するため、 始めて間もないゴルファーにとっては、このクラブを使いこなせるようになることが上達のための一つの区切りとなります。

ドライバーが難なく打てるようになると、他のクラブはこのクラブよりも短い訳ですから、他のクラブはそれほど苦労することなくスイングできるようになります。ドライバーは初めはしっかり振り切ること、そしてクラブの芯でボールを捉えることが難しいかもしれませんが、良いショットが高確率で打てるようになれば飛距離という大きなアドバンテージを得ることができます。ティーショットが毎回、しっかり決まるようになればセカンドショットも比較的良いポジションから打てるようになるのでその後のショットも打ちやすい場所からボールが打てるようになります。

FWはフェアウェイ上で主に使用、時にはバンカーからも大活躍

FWはその名の通り、残り距離の長い状況でフェアウェイから使用するウッド系クラブです。ただし、フェアウェイという名前がついているからといって、ラフから打つクラブではないという訳ではありません。セカンド地点まで足を運んだ時にライ(地面の状況)を確認して、ボールが半分以上見えている状況であれば迷わず使っても特に問題ありません。

逆にフェアウェイからであっても、ディボット跡や芝丈の長いファーストカット部分などにボールが止まっているのであれば、使用しない方が良いでしょう。フェアウェイウッドはよほど、ライの状況が良くなければ使用しない方が良いクラブです。ただ、状況を確認した上で問題がなさそうであれば、ドライバーに準ずる飛距離を得られるため、アイアンでは少し届かない距離でもセカンドショットでグリーンを狙っていくことができます。また、FWはクラブヘッドの底(ソール)が平らで厚みがあるので同じく、ボールが半部以上出ている状況下ならば、距離のあるバンカーショットなどでも威力を破棄するクラブです。少し長めの距離があるバンカーショットなら少し短めにFWを握ってショットしてみて下さい。必ず良い結果が得られるはずです。

アイアンは基本的にはラフでもバンカーでも使用できる

FWやドライバーはかなり長い距離を打つクラブでしたが、アイアンというクラブはクラブの「ロフト角」という部分に注目してもらえば分かる通り、より近くのターゲットを狙うという状況で主に使用するクラブです。たとえばFWやドライバーはボールが半分以上出ている状況でなければ、使用しずらいクラブでしたよね。しかし、アイアンはそうではありません。

その理由はクラブのソールという部分にあり、FWやドライバーに比べてアイアンには長くて面積の大きなソールがありません。これは、クラブを振り抜いた時にヘッドに巻き付くような長いラフからボールを打ち抜くときや、すっぽり砂に埋まったバンカーから上手くボールを脱出させなければならない状況に対応しなければならないクラブだからです。そのためアイアンであれば、ライのコンディションがどうであれ、あらゆる状況下でもボールだけをしっかり打ち抜くための設計が施されているという訳です。したがって、ボールが深いラフに入ってしまったようなときは、なるべくアイアンを使用するようにしましょう。より遠い距離を狙いたい時はロングアイアンを使い、ラフや少し厄介なバンカーなど上手く脱出させることが目的の場合はボールが非常に上がりやすいショートアイアンの使用がおすすめです。

グリーン周りから確実にピン寄せるためのウェッジクラブ

ウェッジクラブには主に次の3つの種類があります。

・アプローチウェッジ

・ピッチングウェッジ

・サンドウェッジ

3つのクラブを距離の出る順番に並び替えるとピッチングウェッジ>アプローチウェッジ>サンドウェッジ>という順番になります。ただ、これをボールの高さが出る順番に並び替えるとサンドウェッジ>アプローチウェッジ>ピッチングウェッジという順番になります。

つまり、この三本のクラブは距離に合わせて使い分けることもできますが、高さに合わせて使い分けることもできます。花道からコロコロと転がしてピンに寄せたい時はピッチングウェッジが良いでしょうし、手前がラフなので半分上げて半分転がしたい時はアプローチウェッジが良いでしょう。また場合によっては砲台グリーンでロブショットで高く上げて、ピンに寄せなければならないこともあるかもしれません。そんな時はサンドウェッジ以外に選択肢はありませんよね。そんな感じで3つのウェッジクラブを使い分ける必要があるのです。

ところでサンドウェッジはなぜ「砂」のウェッジなのでしょうか?それはこのくらぶが元々バンカーからボールを確実に脱出させるために開発されたクラブだからです。開発者のジーン・サラゼンの回顧録によれば、砂の中のにすっぽり埋まったボールを出すには砂の爆発力を利用するのが一番だったそうです。そのため、バンカーから脱出するために「ソール」には「バウンス」という出っ張りが設けられ、このバウンスが爆発力を発生させるのに役立っているという訳ですね。「バウンス」の角度は3つのクラブの中でもサンドウェッジが最も大きな角度がつけられているので当然バンカーからボールをも最も脱出させやすいという訳なんですね。

もし、アプローチに悩んでいるという方はあらゆる状況で3つのクラブのうち、どのウェッジを使えば一番寄るのかをコースで色々と試してみて下さい。それぞれの状況で最も自分の得意な寄せ方ができるようになると技のレパートリーが増え、アプローチに対しての苦手意識も徐々になくなっていくはずです。