ゴルフ初心者がドライバーを打つ時に意識すべき4つのポイント

初心者ゴルファーにとって、シャフトが長く、ヘッドが重たいドライバーを打ちこなすのは大変です。しかし、ドライバーはティショットで使用する確率も高く、14本のクラブの中でも最も飛距離を出せるクラブです。このクラブを上手く使いこなせるようになると、プレーの質は劇的に変化します。初心者にとって難しい課題あることは間違いありません。しかし、打つときのポイントも含め、いくつかの注意点を意識するだけで、少しは自信を持ってドライバーを振れるようになるかもしれません。今回は初心者だからこそ意識したいドライバーで打つときに気をつけるべき4つのポイントをご紹介します。

ドライバーはアドレスの構え方が重要

ドライバーというクラブは主にティーショットという場面で使用する頻度の高いクラブです。ティーショットというと皆さんはどんな場面を思い浮かべるでしょうか?会社のコンペや知り合い同士の慣れ合いなど、様々なシーンのティーショットが予想されますね。ドライバーでティーショットを打つ時に最初に気を付けたいは「アドレス」です。しかし、ほとんどの方はミスはしちゃダメだ、ちゃんとしたボールに当てたいという気持ちが強すぎるために意識がボールばかりに向かってしまい、肝心のアドレスがおろそかになってしまいます。

アドレスといってもチェックするポイントはいくつもあります。例えば、ティーを指す位置もそのうちの1つですが、ゴルフコースって意外と右曲がりのホールとか、左曲がりのホールなど、いわゆるドッグレッグのホールって多いですよね。こんな時にストレートホールと同じようにティグラウンドの左右に2つあるティーマーカーのちょうど真ん中にボールをいつも置いているようではあなたのゴルフはいつまでたっても上達しないでしょう。右ドックなら右側、左ドッグなら左側といったように打ちたいショットに合わせてボールをセットする位置を決めるのが賢い方法です。ますはそれを知っておいてください。

ボールをセットする場所が決まったら、次はスタンスの向きですが、これについてはまず目標方向に対してスクエアに構えたいのでまずはクラブを目標方向に合わせてからスタンスをとるようにしてください。この時に右利きの人はクラブを右手で方向を合わせてから、その後に左手を添えてグリップすると思います。なお、この時に肩のラインが目標方向よりも開いてアドレスしてしまう人が多いので、そうならないように気を付けて下さい。

クラブを合わせ終わったら今度は両足のスタンスをじわっと目標方向に合わせていきます。この時につま先ではなく、踵のラインが目標方向と平行になっているかを確認するようにましょう。つま先で合わせてしまうとどうしてもラインがずれてしまいがちです。アドレスが完成した後に迷った時は、同伴者などに後方から向きを確認してもらったりすると良いでしょう。

ドライバーは振り過ぎてはダメ!大振りはNG

綺麗なアドレスが完成しました。そこで次に来るのは振り方ですが、ドライバーで飛距離を伸ばそうとする時、大半のゴルフーが陥りがちなのが、振りかぶるか、もしくはスイングスピードを上げすぎるミスです。ドラコン選手や飛ばし系のプロゴルファーなどは普段からきっちりと筋力トレーニングをしていますから、多少無茶なスイングをしても体幹がしっかりしているので大丈夫です。

しかし、アマチュアがそれをやっても決して良い結果はうまれません。それに、いくら体を回したからといって劇的に飛距離が伸びたりはしません。また、クラブを振るスピードを上げても、下半身がそれに呼応して高速で回転してくれる訳ではありませんので振り遅れて大半の人がスライスOBになってしまいます。

そんなことをするくらいなら、初めからクラブのグリップを指一本分くらい短く握って、いつもよりゆったりスイングした方がミート率が上がって飛距離は伸びます。いろいろと無茶をして飛ばしたいという気持ちはわかりますが、後で情けない思いをするくらいなら、確実に飛ばせるスイングに取り組んだ方が良い結果が得られます。

ドライバーはフィニッシュの形が重要

クラブを振り切ったあとは反動でフィニッシュの形を取ることになりますが、ドライバーは振り終わりのフィニッシュ形がとても重要です。フィニッシュには大きく分けて2種類あり、逆C型とI字型があります。初心者のうちはI字型のフィニッシュが取れるようになるべく意識しましょう。I字型フィニッシュとは、スイングを終えたときに頭から足までがI字のようになっている状態のことです。体に柔軟性があるジュニアゴルファーなどは、フィニッシュでシャフトをしっかり目標方向に向けるくらいしっかりとクラブを振り切くらい体をしっかり捻転させても良いかもしれません。

フィニッシュの形でどんな球筋のボールが出たかも知ることができます。右肩が必要以上に下がったフィニッシュになった場合は少しフェースが開いたり、下からヘッドにボール当たってしまったことが予想されます。逆に右肩が高く上がりすぎた場合はボールが引っ掛かり、左にボールが飛んで行ってしまった場合などはそのようなフィニッシュの形になります。I字のフィニッシュを取るためのコツはは全体重の左足への移動と早いタイミングでの右足のつま先一本立ちへの移行です。このプロセスを高速で行えるようになると綺麗な I字のフィニッシュが取れるようになります。

ドライバーはシャフトプレーンが重要

14本のクラブの中で最もシャフトが長いドライバーはスイングプレーンのずれの影響が露骨に出やすいクラブであることは間違いありません。テークバックでしっかりとシャフト軌道を早いタイミングでスイングプレーンに乗せ、ダウンスイングではそれをしっかりなぞるようにクラブが下りてくるようなスイングの習得がする必要があります。アマチュアはどうしてもクラブが長くなってしまうとインパクトで手元の力に頼って、体の回転ではなく腕や手先でボールにアジャストしようとします。しかし、アイアンのようにシャフトが短いドライバーは強い遠心力が発生しているので手元の力だけでヘッドをコントロールのは正直難しいです。それよりも背筋や腰の筋肉といった大きい筋肉を使って、体の回転力を使って打っていった方がボールはよく飛びますし、方向性も安定します。いわゆるボディーターンなどと呼ばれているものですが、こういったスイングでクラブを振っていくためにはダウンスイングで急がず、ゆったりと腰の回転を待ってから手元を動かしていくことが大切です。迷った時は手元で急がず、ゆっくりと大きな筋肉で振ることを意識してドライバーを振ることを意識してみて下さい。