ビギナー必見!ゴルフのスイングでハンドダウンに構えるってなに?

ハンドダウンは、グリップの位置が通常のポジションよりもやや下にある状態のことを指すゴルフ用語です。ボールのつかまりが悪く、当たりの薄いボールが右に飛びやすい場合にややハンドダウン気味に構えることでボールのつかまりが良くなって、飛距離が伸びたりボールがもっすぐ飛ぶようになることがあります。今回はビギナーこそ知っておきたいゴルフのハンドアップに関する知識をいくつかご紹介します。

そもそもハンドダウンって何なの?

ハンドダウンとは、クラブを握って構えた時、セットアップ時の手元の位置がやや下側、後方からアドレスを見たときにややボールに寄った状態で構えている状態を指す言葉です。

クラブの底面(ソール)を地面に接地させた時にややトゥ(先端)が下を向き、ソールと地面との間にわずかに空間が生まれていれば、それはハンドダウン気味にクラブを構えていることになります。

ハンドダウンは身長の長い人がクラブを短く握った場合によく生じやすい現象ですが、単純にやや短すぎるクラブを握った場合にもこのような構えのアドレスになることがあります。

ハンドダウンと真逆の概念としてハンドアップというものがありますが、こちらは逆にトゥ(先端が)が真上を浮くくらい、地面にソールを押し付けて構えるアドレスのことで、身長が低い人がクラブを握って構えた場合や少し長めのクラブを自然に構えたときにこのようなアドレスの形になることがあります。

ハンドダウンとハンドアップ、どちらも特徴ある構え方なので、人によってはやや違和感をかもしれませんが実践している本人は意外とそいいった構え方にしっくりきていることも多く、意外とハンドダウンで構えた方が思い通りの方向にショットができるというタイプにのゴルファーもいます。したがってどちらがが正しいということはありませんが、後述するようにそれぞれにメリットとデメリットがありますのでそれだけは把握しておくと、コースや練習場でボールをを打つ際に役に立つことがあるでしょう。

ハンドダウンに構えることのメリット

ヘッドのトゥが下を向く、いわゆるハンドダウンのアドレスでクラブを構えるとアドレス時のシャフトの角度は地面に対して、やや直角に近くなります。こうなると、ハンドダウンになればなるほど、クラブヘッドのフェース面はどんどん右を向きやすくなります。

フェース面というのは右を向けば向くほど、ヘッドのロフト角度というのは開いていきますのでボールは高く、そして右に飛ぶ傾向が強くなっていきます。したがって、ハンドダウンの状態で構えることでアドレスを取った方向よりもボールを右に打ち出したい場合にそのようなアドレスでわざと構えるプレーヤーもいます。

また、人によっては逆の発想でトゥを下に向けることで、先端からヘッドを落とし、ヘッドの先端でボールを捉えることでフェースをロールさせて、ボールにドロー回転をかけて捕まった球筋のボールを打つ目的でわざとハンドダウンに構える人もいます。

ちなみに、ハンドダウンと混同しやすい逆にハンドアップでクラブを構えるとフェースは左を向きやすくなり、ロフト角も立ちやすくなるのでボールは低く左に飛びやすくなります。明日使える知識として覚えておくと便利ですよ。

構え方をハンドダウンにする方法

ハンドアップにクラブを構えるにはまず、アドレス時の前傾角度をいつもより浅くする必要があります。

前傾角度はいつもより少し姿勢を立ち上げることで浅くすることもできますが、オススメなのはアドレスを取った時の手元の位置を調整することで普段よりもハンドダウン気味に構える方法です。皆さんはアドレスで構えた時、クラブと手元のグリップエンドの先端との間にはどれくらい距離を開けてクラブを握っていますか?

おそらく、ほとんどの方がだいたい握り拳1個くらいのすき間が開くくらいの距離感でクラブを握っていると思いますが、これをもう少し離してからややクラブをヘッドの重みを感じるくらい吊るようにして構えてみましょう。

こうすると、ヘッドのトゥ部分がやや真下を向いた状態になります。このままの状態でクラブを握るといつもよりもややハンドダウンの状態のアドレスが完成します。

ハンドダウンは悪いことだけではない?

ここまではハンドダウンの構え方とは一体なんなのか?そしてハンドダウンに構えるためのコツをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ちなみに、先ほどのハンドダウンの構え方とは逆に今度は体とグリップエンドとの距離を近づけて構え、トゥを逆に真上に向けるようにして構えてみて下さい。このようなイメージでヘッドのヒール部分(ヘッドの底)を浮かすつもりでクラブを下に押し付けて握ると、今度はややハンドアップのアドレスが完成します。

もし、ボールが右に飛びやすい、スライスに悩んでいるという方は一度、ハンドアップ気味な構えでボールを打ってみるのもアリかもしれませんね。

ハンドダウンの構え方というのは、実践したいと思う人、逆に自分には少し向いていないと感じた人、様々だと思います。クラブ構え方や振り方は人それぞれに特徴ががあり、これが絶対的な正解というものはありません。しかし、構え方を見直すことでスイング軌道が変化してクラブの入射角が変化して弾道がいつもより安定してボールが真っすぐに飛ぶようになることがあります。

また、どうしてもハンドダウン気味のスイングに変えたいが、前傾角度や手元の位置まで変えてボールを打てるようになりたくないという方はクラブ自体の「ライ角」をゴルフショップで調整してもらうことでいままで同じような構え方ややハンドダウンに構えたり、逆にハンドアップに構える状況を作り出すことも可能です。もし、興味がある方はお近くの量販店や専門店でクラフトマンに相談してみてはいかがでしょうか?

今回はハンドダウンを主なテーマに据えて、色々な話をさせていただきましたがいかがだったでしょうか?もし気になることがあったら、まずは実際に試してみましょう。そういった姿勢を持ち続けることできっと今よりもっと良いスイングが手に入れるられるはずですよ。