目指せシングル!初心者がやりがちなゴルフのミスショット4つの原因

緊張感がピークに達するあさイチのティーショットなどゴルフでミスショットを連発してしまうことが予想されるシーンというのはたくさんあります。でもミスショットがあまりにひどくなるとスコアが伸びないどころか、18ホールを回るのも少しめんどくさくなって楽しくプレーできなくなります。今回は初心者が陥りがちなゴルフのミスショットの原因と直し方を4つご紹介します。

クラブを創造通りに動かすことができない

ゴルフのミスショット原因の1つ目。これは打つ前にイメージしたスイングと実際のスイングのイメージとの相違によって起こります。誰でも経験があることかもしれませんが、初めての事をやろうとする時は必ずグリップの握り方やアドレスの構え方など一通りのことをゴルフスクールの先生やゴルフ好きの先輩や知り合いの方に教えてもらいますよね。

しかし、最初はきちんと教えてもらった通りに出来ていたことも次第に忘れていってしまい、最終的には記憶と創造をたどりながら、正しい動きを思い出そうとした結果、間違った動きを自分だけで身につけてしまうことがあります。同様のことがゴルフにも起こり、自分のクセのようなものが邪魔をしてしまって上手くいかないことが多々あるものです。

ゴルフはプレーファストが重要と言われますが、一個一個のショットに対して、なんとなくのスイングではなく、不安に思ったことは周囲の上手な方にアドバイスを求めてみましょう。人に物事を頼み込むのは恥ずかしいことでずが、正しい動きを身につけて徐々にミスショットを減らすことができれば、最終的にはあなたのプレースピードが速くなることにつながります。

クラブが振り遅れてしまうことで起きるミスショット

ミスショットの原因の2つ目はクラブの振り遅れです。右利きゴルファーであれば、インパクトでクラブを振るスピードが遅いと振り遅れという現象が起こり、フェース面が右を向いた状態でボールに当たってしまいます。このミスショットが出ると、飛距離が落ちるダフリ、トップといったミスだけでなく、場合によっては極端なスライス や天プラなど、同伴者を危険にさらしてしまうような大事故につながってしまうことがあります。

振り遅れは、おおむね次のような状況で発生することがあります。

・ボールを打つことを意識しすぎて前傾姿勢がひどくなる「突っ込み」

・クラブを振る腕や手首の動きに下半身の動きがついてこない「上体と下半身の動きのズレ」

・ダフリを恐れて、ボールを捉える瞬間であるインパクト時に無理矢理に高さを調整しようとする「伸びあがり」

・体が先行してしまい、元に戻そうとして手首を返してインパクトで合わせる動き「手あわせ」

以上の動きはちょっとした例のまとめですが、これ以外にも原因は様々あります。もし振り遅れのミスが出やすいというのであればまずは腕や手首に力を入れずにクラブを自然に振ることを意識してみて下さい。早く振ろう、上手にスイングしようという無理をしようとする動きが振り遅れにつながっているのです。

腕や肩への力の入れすぎが原因で起こるミスショット

ミスショットの原因の3つ目は腕や肩への力の入れすぎです。 飛距離を稼ぎたい、ボールを上手く乗せたいという気持ちが全面にでてしまい、力んでしまうことがミスショットを引き起こしてしまうことが多々あります。ゴルフにとって力んでしまうことはグリップへのプレッシャーをより強くしてしまうことにつながり、自然な振り子運動、スムーズな軸回転運動を阻害してしまう原因となります。ダウンスイングからフォロースルーに至るクラブヘッドの自然なローテーションの動きを不自然な動きで邪魔をしてしまってはいけません。それではヘッドスピードも落ちてしまいます。

ゴルフクラブを持って構えたときに何となく体全体への力みを感じたときは足元を少しジタバタさせてみたり、両肩の力を息を吐きながらストン!っと抜いてみることが大切です。たったこれだけのことを実践するだけで力みのないスムーズなダウンスイング、フィニッシュがとれるスイングに変化するはずです。

大振りなスイングが原因で起こるミスショット

ミスショットの原因の4つ目は大振りなスイングです。スイングアークを大きく使い、強い遠心力を使ってクラブを振ることはとても大切なことですが、自分の下半身でしっかり上体を支えらないほどにテークバックで大きなバックスイングをとってスイングするのは少し問題があります。

何事もほどほどに無理のない範囲やることが肝心なのであって右肘が外れて浮いてしまうといわゆるフライングエルボーの形になってしまいますし、こうなるとアウトサイドイン軌道でクラブが下りてきてしまうのでボールはまっすぐに飛ばなくなってしまいます。スイングはなるべくコンパクトに振った方がミート率も上がりますし、スイング軌道も安定します。もしミスショットが多くて困っているという方は今回のの原因を少しずつ修正して、シングル目指して頑張ってください!

まとめ

ゴルフのミスショット原因の1つ目。これは打つ前にイメージしたスイングと実際のスイングのイメージとの相違によって起こります。人に物事を頼み込むのは恥ずかしいことでずが 、不安に思ったことは周囲の上手な方にアドバイスを求めてみましょう。

ミスショットの原因の2つ目はクラブの振り遅れです。 もし振り遅れのミスが出やすいというのであればまずは腕や手首に力を入れずにクラブを自然に振ることを意識してみて下さい。早く振ろう、上手にスイングしようという無理をしようとする動きが振り遅れにつながっているのです。

ミスショットの原因の3つ目は腕や肩への力の入れすぎです。 飛距離を稼ぎたい、ボールを上手く乗せたいという気持ちが全面にでてしまい、力んでしまうことがミスショットを引き起こしてしまうことが多々あります。 ゴルフクラブを持って構えたときに何となく体全体への力みを感じたときは足元を少しジタバタさせてみたり、両肩の力を息を吐きながらストン!っと抜いてみることが大切です。

ミスショットの原因の4つ目は大振りなスイングです。スイングアークを大きく使い、強い遠心力を使ってクラブを振ることはとても大切なことですが、自分の下半身でしっかり上体を支えらないほどにテークバックで大きなバックスイングをとってスイングするのは少し問題があります。

もしミスショットが多くて困っているという方は今回のの原因を少しずつ修正して、シングル目指して頑張ってください!