パッティングを練習すると、スコアアップに即効性あり!

スコアの鍵となるパッティングの基本を、構え方と打ち方、考え方から紹介します。むやみにカップインを狙わないのがコツです。

パッティングの奥深さ

パッティングとは、芝を短く刈って整備したグリーン上で、ボールを転がして、カップインさせることです。

簡単そうに見えますが、実際に初心者でも1mくらいのパッティングならなにも教えなくても成功する可能性は低くないでしょう。そのあたりは、練習が必要な他のプレーとは異なります。

一方、パッティングはプロでも悩む領域です。

ほんの50cmのパッティングをプロが試合で外してしまうこともあります。さらに、イップスといってパッティングの時に手がしびれて動かなくなる現象もあります。上級者になればなるほど悩むのがパッティングです。

しかし、初心者にとっては一番簡単に上達できるのは間違いないと思います。ドライバーをナイスショットして、ボールを遠くに飛ばすのは難しいですが、パッティングは少しの練習でも大きく上達する可能性があります。

初心者であれば、グリーン上から2回のパッティングで入れることを目指します。一回目のパットで近くまで寄せて、二発目でカップを狙います。2パットでいけば最高。3パットなら問題はありません。むやみに入れようとしないことが上達の近道です。

パッティングの構え方

パッティングは、スイングの時のように「打つ」ためではなく、「転がす」必要があるので、ショットとは違った点が多くあります。

グリーン上で使用する道具、パターもショット用のものとは大きく違います。注目したいのはグリップです。グリップの正面が平らになっていて、パターのフェース面と直角になっています。

パッティングでは、このグリップの形状を上手に使いこなす必要があります。左手の親指付け根を平らな所に当てて、手首を固定する形で握ります。

つま先は打ち出し方向に平行にして、ボールの位置は左目の真下にボールを置くことが理想です。ターゲット側から見た時に肘からヘッドまで一直線になるように構えると良いですね。

パッティングの打ち方

初心者の場合は、手先でチョコンと打ってしまいがちですが。これはミスが多くなり、距離感も出にくくなります。

手首を固定した状態で、肩の動き主体で打つのが安定したパッティングのコツです。距離感は振り幅とストロークのスピードで出します。

ショットとは違い、膝を使ったり、体を回したりする事は望ましくありません。肩以外の部分はなるべく固定するのが良いでしょう。

パッティングでは疎かになりがちなフィニッシュですが、フォロースルーでピタッとクラブヘッドが止まる良いフィニッシュが取れたら、上手な人に見えます。