これをやればゴルフのスコアは必ず伸びる!初心者が上達のために意識すべき4つのこと

一生懸命頑張っているのにゴルフのスコアがなかなか良くならないはなぜなんだろう?技術的な問題?それとも考え方の問題?ゴルフはちょっと考え方を変えるだけで、それまで悩んでいたことを嘘のように消え、どんどん上達していくスポーツです。今回はスコアが伸び悩んでいる初心者の皆さんが上達するために意識したいことをいくつかご紹介します。

スイング「軸」の固定を強く意識する

貴方のゴルフスイングに軸はありますか?そう聞かれて困ってしまう方も多いのではないでしょうか?巷ではスイングに軸がない人は生き方にも軸がないフラフラ人間と言われ、一緒にプレーしても全然面白くないそうです。(冗談)

確かにゴルフスイングというものはスムーズな回転移動をするためには、何らかの軸があった方が強い遠心力が働いてボールはよく飛びます。これはハンマー投げをする室伏広治選手なんかを創造するとピンとくる方も多いと思いますが、物を遠くに飛ばす時ってなんらか「軸」があった方が良く飛びますよね。ゴルフスイングで「軸」を作るための方法はいくつかありますが、最も簡単な方法は頭の位置をなるべく左右に大きく動かさないこと、それからアドレスの時の両足の膝の位置をインパクト直前までは大きく動かさないことです。この2点を守ってスイングするだけで、あなたのスイングは「軸」のあるスイングへと様変わりしていくはずです。

どうしても頭の位置を変えずにスイングするのが難しいという方は背骨から尾てい骨にかけてのラインを「軸」と考え、この軸をスイング中に意識しながらクラブを振ると案外いいイメージでスイングできる可能性が高いです。ただし、このライン軸をバックスイングから、フォロースルーまで傾けたり、左右にずれたりしてはいけません。クラブを握って構えたら、シャフトを地面に対して垂直にセットし、フォローするまでその状態を保ちます。お尻に当てたクラブがインンパクト直後まで、まっすぐ立っているのが正しいスイングです。もし、ずれているのであれば、それはラインをキープできていないスイングということになります。

肩はどう回す?それとも回さない?

ゴルフを始めて間もない人なら絶対に悩んでしまうのが、スイング中の肩の回し方。肩の動きは自然体が一番良いと言われますが、過去に野球やテニスをやっていたという方のスイングを見ると、テークバックでは平行に回っている右肩の位置がダウンスイングでボールを打つときに大きく下がってしまっている人がいます。ゴルフというのは前傾姿勢の状態がらボールを打つスポーツです。ダウンスイングで少しくらいは右肩が下がって見えるのは特に問題ありません。

しかし、ヘッドが明らかに下から上へとこすりあげるように入ってくるほどのアッパースイングでボールを打っているのであれば、これは大問題です。ダウンスイングで大きく右肩が下がってしまうとクラブ通り道が狭くなってしまい、右利きの人の場合は右方向にボールが飛んでいってしまうスライスが出やすくなってしまいます。(フェースが開いた状態のインパクトになりやすいからです。)

ボールを打つ際にダウンスイングで右肩がどうしても下がってしまうという方は両手でクラブを持ち、バンザイの形になるように高くで上げた状態でスイングするドリルがとても効果的です。アドレスで構えた時の右肩の位置にテークバック左肩を持っていく。さらに、ダウンスイングでは、アドレス時の右肩の位置にもう一度右肩が収まるように平行に両肩を回していきます。このドリルを何度も続けていくことでスイング中に右肩が下がってしまうということが次第になくなっていきます。

練習場だからこそ、一打一打を大事に

練習場でひたすらボールを打ち続けるのは正直ツライですよね。たしかに練習場の1打とコースでの1打では経験値の重みが違いますし、練習場でいくら良い球が打ててもコースで打てなければ意味がないと考える人も多いことでしょう。しかし、練習場だからといって何も目標を設定せずにただ闇雲にボールをひたすら打ったいるだけというのでは、おそらくちっとも上達しないでしょう。コースでプレーしてみて上手くいったこと、いかなかったことを練習場で試してみる。もし、それが上手くいった場合はまたコースに戻って同じシチュエーションからミスが出ないようにしていく。結局これをやらなければ上達は難しいでしょう。

距離感の合わせ方に関しても、ゴルフ場でプレーするのと同じように、明確な目標を持つことはとても大切です。振り幅やスピードで10ヤード刻みの距離の打ち分けに取り組んでいるゴルファーはアイアンショットがとても上手ですし、自分の中で仮想のコースを作り、強いイメージを持って練習しているゴルファーは上達も早いというものです。練習場で平行に敷かれたマットの上でただ、まっすぐのショットをひたすら繰り返すのではなく一打一打を大切に何らかの目標を設定して練習した方がスコアアップには早道です。

いつも通りのリズムといつも通りのスイングを心がける

コースで1番Hのティーグラウンドに立った時、あなたはいつもどんなことを考えていますか?例えば同伴者の誰にも飛距離では負けたくない、なんてことを考えているようでは結果はおそらくあまり良いものとはならないでしょう。飛距離を出そうとする意識や、大事な局面でミスをしてはいけないという意識が強すぎてしまうとたいていの人はミスを誘発してしまいます。

クラブを上手くコントロールしようとしていつもとは少し違う振り方をしてみたり、腕や肩がパンパンに張るくらいに力を入れてスイングしてみたりと、色々ななパターンが考えられますが、そんなこと意識してもボールはまともに飛んでくらません。1番Hのティーショットを成功させるための秘訣はボールに上手く当てようとせず、いつも通りのリズムでいつも通りのスイングをすることです。これだけでボールはまっすぐ飛んでくれますし、思い通りの弾道でボールは飛んでくれるはずです。あなたは練習場で何十発、何百発のボールを打ってきているのですから、コースに来たからと言って練習場とは異なる打ち方をする必要はないのです。練習通りにスイングすれば、きっと良い結果が得られるはずです。