これでスコアが伸びる!?ゴルフのヘッドアップ3つの直し方

ヘッドアップは多くのミスショットにつながるスイング時の動作です。ボールがまっすぐ飛ばなくなり、スコアが伸び悩む癖の1つです。今回はゴルフのヘッドアップの直し方を3つまとめました。

ヘッドアップとは、スイング中に頭が上がること

ヘッドアップとは、スイング中に頭が上がることです。スイング中に頭が上がることで、アドレス時に構えた前傾姿勢が崩れます。そのため、前傾姿勢でなく後傾姿勢になり、スイング軌道が不安定になるため、ボールがその場で跳ねてしまうミスショットのゴロが出やすいです。

ヘッドアップになる主な原因は、ボールの目標地点を意識しすぎてしまうことです。目標地点を意識しすぎることで、目線が不安定になり、ヘッドアップにつながります。

お尻の位置を意識

ヘッドアップを直す場合、頭だけを動かさないよう意識するのではなく、お尻の位置を意識しましょう。アドレス時の前傾姿勢が起き上がる原因は、上体が起きるだけでなくお尻が前方に動くため、前傾姿勢が崩れヘッドアップになりやすいです。

トップからダウンスイングにかけて、左のお尻をアドレスの位置に静かに戻す意識を持ちスイングしましょう。お尻を戻す感覚は、後方に椅子を置いて養えます。お尻が離れないよう意識してスイングすることで、前傾姿勢が起き上がらずにスイングできます。

左目を使ってボールを見つめる

ヘッドアップを直すために、左目でボールの右半分を見ながらスイングしましょう。片目で打つ必要はなく、意識して左目を主に使ってボールを見つめましょう。左目を意識してボールを見ることで、ボールの目標方向から顔が遠ざかります。目標地点から顔が遠ざかり、ヘッドアップを防げます。

左目でボールを見つつ、打つ瞬間に右に首を少しひねるのが重要です。目標地点と逆方向を向くことで、ヘッドアップが防げ、遠心力が働きパワーがあるスイング軌道になる左の壁も作れます。

頭を残す意識を持ちすぎた場合、右肩が下がりクラブヘッドの面であるフェースが開いてしまいます。ボールが右に曲がるスライスになりやすいので注意しましょう。

右肩に唇を当てることを意識

スイングの際、インパクトからフォロースルーにかけて右肩を唇に当てることを意識してスイングしましょう。ボールを凝視するより、バックスイングに制限がなくなります。そのため、自分に合ったリズム・テンポでスイングできます。右肩に唇を当てることを意識することで、左右上下に頭が動かなくなり、ヘッドアップを防げます。ボールを凝視しすぎないよう、意識してスイングしましょう。

ヘッドアップは多くのミスショットにつながります。今回紹介したポイントを確認して、ショットを成功させましょう!

ヘッドアップの正しい直し方についてもっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!