ビギナー必見!ゴルフスイングで左膝を効果的に使うためのテクニックまとめ

突然ですが、皆さんはコースや練習場でクラブを振っている時、フィニッシュでよろめいてしまったりバランスが崩れてしまっている人を見たことはありませんか?

もし、毎回同じポーズでフィニッシュが取れないのであれは、左膝を効果的に使えていない。つまりは、スイング中のバランス軸のコントロールが上手くいっていない状態でクラブを振っている可能性があります。

今回は「左膝を効果的に使うテクニック」がテーマです。 左膝が上手に使えるようになると体全体の上下左右への移動も少なくなり、上半身もそれに連動して起き上がったり、左右に流れたりすることがなくなるのでスイング軌道が安定するようになります。

そもそも左膝ってどういう役割を果たしているの?

通常、テークバックでスイング軸の重心というのは体の右側(右足側に)にシフトします。これは左利きの場合は左側へと動きが逆になります。その後、右サイドにテークバックでシフトしたスイング軸というのはダウンスイングで左膝の送りの動きによって今度は左サイド、つまりは左足側へと重心がシフトしながらフィニッシュに向かっていきます。

この時、ダウンスイングで重心を右から左へとシフトさせる過程にインパクトを迎えますが、完全に左サイドへと全体重が移った状態でボールにヒットするのか、もしくはやや右足側に体重が残っている状態でヒットするのが良いのかは、それぞれ個人差が出ます。

ただ傾向としては運動神経も良く、常につま先足立ち側に重心がある状態で体を活発に動かせるタイプの方はどちらかというと完全に体重を左足に移した状態でインパクトした方が良く、逆におっとりした性格で歩くのも遅く、重心が背中側にある状態で私生活を送っているという方は右足側に体重がややかかっている状態でインパクトした方がボールの方向性は安定するようです。

バックスイング時に左膝を上手に使えていないと、テークバックが始動する段階で切り返しの動作で体の軸が大きくぶれてしまったり、ダウンスイングで体が流れてバランスが崩れたりします。さらに、最も危険なのは送りがうまくいかないためにスイング軸が左サイドにシフトせずに、右サイドに残ったままのインパクトを迎えるのは最悪のパターンと言えるでしょう。

右サイドに体重が残るスイングは、プロやトップアマの間ではいわゆる「軸のコントロールが不能状態」「明治の大砲」などと呼ばれており、ボールを手前に打つダフリ、ボールの上を叩いてしまうトップなどのミスショットだけではなく、バランスが崩れてしまった結果、極端なフックやスライスが出やすい非常に危険なスイングです。

では、バックスイング時の左膝をどのように使えばよいのか?曲げ方や伸ばし方にはテクニックがありますが、練習を重ねることで身につけることができます。左膝が上手に使えるようになると体全体の上下左右への移動も少なくなり、上半身もそれに連動して起き上がったり、左右に流れたりすることがなくなるのでスイング軌道が安定するようになります。

テークバック時の左足はどう使う?曲げる?伸ばす?ヒールアップ?

まず、テークバック時の左膝の使い方についてですが、これは右膝の動きは徐々に伸ばす動きが入るために逆に左膝はやや曲げた状態でクラブをテークバックするのが正しい動きとなります。

この時、右膝を振るの伸び切った状態にするためには、左膝をしっかり曲げておく必要があります。左膝をそのような使うことでテークバックからトップまでの体重移動は右足側にもシフトしますが、やや左足側に強くかかる状態となります。

ただし、この時に気をつけなければならないのが右膝の流れ、つまりは右膝を外に股を開くようしてテークバックしてしまう動きです。ダウンスイングでは逆に左膝を開いてしまうと腰から下が左に流れるような動きになってしまうのですが、とにかくテークバックで右膝が外側に流れてしまわないようにやや内股の状態でテークバックします。

右膝をしっかり内股にしておき、重心の移動をしっかり受け止めてあげれば、それはダウンスイング時の切り返しの動きで右足をしっかり踏んで地面からの反発力を使えることになるため、反発力を飛距離へと転換してよりボールを遠くに飛ばせるようになります。

逆にテークバックで左膝が伸びる動きが入る方はトップからの切り返しからインパクトにかけて、左に体重が全く乗っていないということになるので、これでは切り返しでスムーズに左足への体重移動ができずに右足側に体重が残った状態でポンと球に当てるだけのスイングになってしまいます。これでは飛距離は出ませんし、右に残ったままだと前傾崩れの起き上がりによるスライスやそれを嫌がれば、極端なフックなどが出ます。あまり良いことはありません。

自分のスイングが右サイドに体重が残ったままになっていないかどうかは傾斜地からのショットで真相を確かめることができます。もし気になる方は左足上がり(左利きの方の場合は右足上がり)のショットをコースなどで試してみて下さい。

右サイドに体重が残ったままボールを打っている人はこの傾斜からボールを打つとダフるか、極端に高いハイボールがが出てしまうはずです。ゴルフコースは常に平坦な場所からショットできる訳ではなありません。なるべく、早めの修正をおすすめします。

ちなみにひと昔前までは、テークバックで左足の底を浮かせてテークバックするヒールバックというスイングテクニックが流行していましたが、この動きを取り入れるとテークバックで右サイドへの体重が移動しすぎてしまため、最近のプロや上級者でこれをスイングに取り入れる人は少なくなりました。

とにかく、体重移動を使ってボールを左右に曲げて飛ばすという時代にはこのようなスイングでも良かったのかもしれませんが、ボールの曲がりを抑えてなるべく真っすぐ遠くに飛ばすというクラブが増えてきている昨今、ヒールアップをスイングに取り入れる人は少ないでしょう。

しかし、イップスなどでテークバックが上手くいかなくなった方など、スイング始動のきっかけ作りとしてヒールアップを取り入れるというのであれば問題ないのではないでしょうか。ただし、ほどほどにしておいた方が良いかもしれません。

ダウンスイング時の左足はどう使う?下半身リード?沈む?左足体重?

ダウンスイングでの左膝というのはテークバックで動かした体重配分左6:右4の上体のバランスを切り返し体重配分10:0へとシフトさせるためにはどう動かさなければならないかを考えなければなりません。

切り返しの動きというのは下半身リード、つまりは上体よりも先に腰から下の下半身が先に目標方向へと回転し始めるのですが、この時の左膝というものはやや左足の股関節を開きガニ股の状態になるように開きます。

しっかりと股関節を開くことで体重を左足側へと乗せやすくなるのでこのタイミングで左膝をしっかり沈み込み、やや膝を曲げてゆとりのある状態を作っておけば、しっかり足裏で地面を踏みしめることができます。いわゆる地面反力というのはこの段階で蓄えられる訳です。

ここまでの動きが出来れば、あとはインパクトに向けて、一気に右足を蹴り上げれば、フィニッシュまで一気に体重を左足に乗せていくことが可能です。

もし、ダウンスイングで右サイドに体重が残ったまま、左サイドに体重を上手く乗せられないというのであれば、左膝よりも切り返しで右膝の踵がべた足になってしまっていないかどうか、しっかり蹴り上げの動作が上手くいっているかどうか、そんなことを事細かにチェックしましょう。

蹴り上げのタイミングで腰やおへそがしっかり目標方向に回転せず、前に突き出てしまう動きをしている人を見かけることがありますが、この動きも基本的にはNGです。しっかり左膝をガニ股になるように開き、地面を蹴り上げるために一度しっかり踏み込む動きが入っていれば、前方向に腰が突き出てしまうようなことはありえません。

インパクト時の左膝はどうすればいい?伸ばす?ジャンプ?

ゴルフスイングはインパクトが終わったあとであれば、いくらでも右足踵が浮いても問題ありませんが、ボールにも当たっていないタイミングで右足踵が浮いてしまうとダウンスイングで腰が浮いてしまったり、流れてしまう原因となってしまいます。べた足スイングを意識することは大切ですが、地面からの反発力を使うためにも早いタイミングで右足踵をしっかり蹴って体重を左足側にしっかり乗せていくことが大切です。

インパクト直後に右足踵でしっかり地面を蹴る動きが出来れば、腰の回転スピードは上がりますし、インパクト直後の左サイドへの体重移動もスムーズな移行が可能となります。もし、体重が左サイドに乗っていかないという方は是非、左膝だけでなく右足の踵にも意識を集中させて、積極的に浮かせる努力をしてみて下さい。

なお、海外のジュニア選手などインパクトで両膝がジャンプするような動きをしていることがありますが、これは腰の回転が速すぎて起きているだけなのでマネしないように気を付けて下さい。インパクトで膝がジャンプすると手元がハンドアップした状態のインパクトになりやすいです。そうなると、フェースが開いた状態でボールに当たりやすいのであまり良い動きとは言えません。

フォロースイングの時の左膝はどう使う?

テークバックからトップ、ダウンスイングからインパクトまでの左膝の使い方について、ここまで解説してきましたが、最後にフォローからフィニッシュまでの左膝の使い方について解説します。

フィニッシュで左サイドへ体重を完全に乗せた状態でボールを打つためには、インパクト直後に左膝をなるべくしっかりと伸ばす動作が必要となります。これは地面反力をしっかり使うために必要な動きでフォローで左膝をしっかり伸ばせなないと、いわゆる左膝の「流れ」によるバランス崩れによって、ヘッドが加速しない状態でインパクトになってしまいます。

地面から伝わってくるパワーをしっかり伝えるためにもフォローのタイミングではしっかり左膝を伸ばしましょう。そうすることであなたの飛距離は飛躍的に伸びる可能性があります。

なお、体重が完全に左サイドに乗せることができれば、自然と両肩がしっかりと目標方向に向かって回転するため、フィニッシュの「形」が横から見ると、いわゆるアルファベットの「I字」のようになります。

もし、両肩がしっかり目標方向に回転していなかったり、ダウンスイングで体重が少しでも右足に残っていると、フィニッシュは「I字型」ではなく「C字型」となります。「C字型」のフィニッシュは振り遅れによるスライスや上体の使い過ぎによるフックが出やすいため、ひと昔前のパーシモンヘッドならともかく直進性が高い最近のヘッドを上手に使いこなすのが難しくなってしまいます。ゴルフを「パーシモンヘッド」や「メタルウッド」のドライバーで覚えたという方にそういった傾向が多くみられるため、もし当てはまる場合は早急にスイングの修正を図った方が良いかもしれません。

アイアンショットとアプローチショットで左膝の使い方はどう変化する?

アイアンショットとアプローチショットで左膝の使い方がどう異なるかという疑問を持っている方が多いと思います。また、フルショットはともかく、スリークウォーターショットでも左膝をしっかり伸ばしたフィニッシュをする必要があるのか、疑問に思っている方も多いでしょう。

ズバリ結論から申し上げるとアプローチであろうと、中途半端なアイアンショットだろうと、左膝はフィニッシュでしっかり伸ばす必要があります。当然これはヘッドが加速しやすいからという理由もありますが、同時に左膝を伸ばさずにだらりと振ってしまうとクラブをゆっくりと振って「ふり幅」ではなく「振るスピード」で距離を合わせようとする動きが出ることを未然に防ぐためというのが究極の目的でもあります。

たとえ短い距離だろうとインパクトでは右足を蹴って、インパクトで左幅をしっかり伸ばしてボールを打った方が方向性や距離は確実に安定します。ただし、距離のないアプローチで左足下がりの状況など、ヘッドを傾斜なりに振っていかなければならないような状況では左膝を多少は流して打っていった方が打ちやすい場合もあります。しかし、これは例外中の例外なのであって基本的には膝をしっかり伸ばして打っていくことを推奨します。

使い過ぎには要注意!左膝が急に痛くなるのはなぜ?原因と対処法は?

今回は膝の使い方がテーマということで色々とお話をさせていただきましたが、何はともあれ、何事もやりすぎ、使い過ぎtには要注意です。例えば、ラウンドや練習の最中に突然、膝に痛みを感じたことはないでしょうか?

例えば、膝のお皿の下あたりに急に痛みが来るときはかなり注意した方が良いかもしれません。このような痛みは単純に同じ姿勢で何回もスイングしているからという理由で起こるものでもなく、単純にいつもより少し歩きすぎただけでもこのような症状は出てしまいやすいため、普段からあまり運動をしないという方はより注意が必要かもしれません。

具体的には、いわゆる大腿四頭筋という太ももの筋肉に膝のお皿を介し、すねの骨にくっついている膝蓋靭帯という形でくっついている体の部位があるのですが、この膝下の膝蓋靭帯がゴルフスイングのやり過ぎやアップダウンの激しい傾斜の上り下りによって披露して、痛みが生じているのです。

まぁ、俗にいう「使い過ぎによる障害」ともいえますが、普段からショットしたウォーキングなどで鍛えている人はあまりこのような事にはならない訳で、もし痛みがひどい場合は何らかの対処をする必要があるでしょう。

例えば、上記の筋肉及び人体ののシコリや血行不良を解消する方法として以下のようなストレッチ運動がありますので2つご紹介します。

左膝通は筋肉疲労ですのでしっかり休めたり、マッサージをすれば基本的にはすぐに治るものです。ですが、状況があまり良くないのに運動を続けて悪化すると人体損傷のような取り返しのつかないことにもなってしまいます。ですから、もし状況がひどすぎるようでしたら、病院などで治療を受けた方が良いかもしれません。また、もしラウンドの最中に急に発熱や腫れが生じて、歩けなくなってしまった場合などはとにかくアイシングをして直ちにラウンドを中止して下さい。

予防のためのストレッチ方法

① 太ももの裏側をしっかりストレッチする方法
直立の姿勢の状態から、足をクロスした状態からゆっくり前屈する。この時に反動を使って前屈せずに、身体を前に倒しながらじっくり太ももの裏を伸ばすようにして太ももの裏側を伸ばす意識を持ってストレッチする。左が終われば、右という感じで左右交互にどちらも10秒づつ3回くらい繰り返し行う。(ラウンド前や練習前に行うと効果的です)

② 太モモの「大腿四頭筋」を鍛えて、伸ばす
練習場の椅子やコースのロッカー内でラウンド前に行うと効果的です。まず、イスに浅く腰掛た状態から、片膝を胸の前に持っていき、ゆっくり太ももの裏側を伸ばします。内側広筋と言われる、いわゆるももの内側の筋肉が伸びる運動で左座のストレッチにも効果があります。動作は急いで行おうとせずにゆっくりと膝を伸ばす動作を5秒間くらい行いましょう。右足と左足の両方をどちらも5秒ずつ5くらいやっておくと左膝の筋肉がしっかり伸びた状態でラウンドできます。学校の体育の時間にやっていたような、左膝を回す動きを最後に入れておくと更に効果ありです。

今回は左膝の使い方が主なテーマでしたが、いかがだったでしょうか? 左膝が上手に使えるようになると体全体の上下左右への移動も少なくなり、上半身もそれに連動して起き上がったり、左右に流れたりすることがなくなるのでスイング軌道が安定するようになります。 今回の記事で紹介したこと以外にも使い方のテクニックは色々とありますので、ぜひ試してみて下さい。