ゴルフで90台を目指す人のための練習法とは

すべてのホールをボギーで回るという、着実なゴルフを行うことでスコアは90台に近づくはずです。そのためには、ドライバーをまっすぐ飛ばすこと、着実なアプローチをすること、2打以内でカップインすることがたいせつです。

スコア90台とは中級者

ゴルフスコアが90台となると、立派な中級者です。もう少し頑張れば上級者への道が開けてきます。スコア90台となると、すべてのホールをボギーで回れば達成できます。そう考えると、少しは気が楽になりますが、意外と大変です。スコア100台切りの壁よりも90台切りの方が困難といわれています。90台切りを目指すにはどんなことを意識して練習すれば良いのか少し紹介してみましょう。イメージとしては失敗ショットを極力無くし、少しずつ刻みながらでもカップに近づくイメージです。

OBを避ける

ホールを回るにあたり、ティーショットが一つの難しいところといわれています。ドライバーを使用して、最も飛距離を稼ぐ場所だからです。方向を誤るとOBショットとなり、2打の損失をしてしまいます。その時点でボギーもとれなくなってしまいます。それではスコア90台には近づけませんね。スライスやフックが出ないようにまっすぐと飛ばす練習をしましょう。また、飛距離を稼ごうと最大の力でスイングしないこともポイントです。このレベルになると自分に合ったクラブを使用しているか、今一度見直してみるのも良いでしょう。

アプローチは確実に

アプローチの正確さも90台を切るためには重要なことです。常にパーチャンスくらいのイメージでグリーンに乗せなければ、スコアは90台には近づきません。特にアイアンによるアプローチショットでは距離感をつかむことがたいせつです。ゴルフ練習場などで、アイアンの番手と距離感との関係を覚え込んでおきましょう。また、常に安定した飛距離をたたき出せるように練習しておくこともたいせつです。また、常に人工芝の上で練習していると天然芝の上では思い通りにショットできないこともあります。天然芝にてアプローチ練習をする経験を積むこともたいせつです。

パターは2打以内でカップイン

90台切りを目指すのであれば、パターでは着実に2打目で入れることを目指すべきです。もしパーチャンスで、グリーンオンしたのであれば1打目で入ればパー、2打目で入れてボギーです。パーで入れば、90台切りへと近づくのです。パッティングを2打で確実に入れるには、”入れよう“と考えるより”寄せよう“と考えることです。3パットしないことを最優先してパッティングする練習を積むことが良いのではないでしょうか。まずは入れることよりも、寄せる練習をすることが大切なので、自宅のパッティングマシンに頼るのではなく、ゴルフ練習場に併設された比較的広いパッティング練習コーナーに通ってみるのをおすすめします。