ゴルフ初心者に覚えてほしい!アイアンの使い方と使う場面まとめ

番手の数が数種類あり、コースのコンディションに合わせて巧みに使い分けなければいけないアイアンはウッド系クラブよりも使う場面が多く、使用頻度もそれなりに多いクラブです。今回はアイアンというクラブはどういう状況で使うべきクラブなのか、使い方と使う場面を簡単に解説します。

アイアンの種類は大きく分けて3つ

一口にアイアンといってもクラブは大きく分けて、主にの3つの種類に分類することができます。

・ロングアイアン

⇒2番アイアン~5番アイアン。1番アイアンがある場合はこれも含まれる。

・ミドルアイアン

⇒6番アイアン~8番アイアン。

・ショートアイアン

⇒9番アイアン、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジ

このなかで初心者が最も扱いやすいのは、ショートアイアンです。どのクラブを握っても全くボールに当たらないという方はまずはショートアイアンの9番くらいの番手を練習してみましょう。9番アイアンはシャフトの長さも短く、ロフト角もしっかりついているのでアイアン初心者でもコツさえつかめば、簡単に打ちこなせるようになります。どのクラブも打つのが苦手という方はまずは9番アイアンでリズムを作り、徐々に上の番手のクラブに挑戦していきましょう。

アイアンは万能クラブ?主に使う場面はフェアウェイ?それともラフ?

アイアンというクラブはその性質上、飛ばすクラブではなく狙うクラブだと言われることがあります。理由はドライバーやFWのヘッド形状とアイアンのそれとを比較すると一目瞭然です。アイアンは十分なロフト角がつけられており、あらゆる状況下でもボールだけを拾っていけるだけの抜けの良さを強調するためにソール幅も狭く設計されています。ウッド系クラブは抜けの良さよりも楽に飛ばすことを計算して作られているので深いラフやベアグラウンドからボールを打つことを想定して作られている訳ではありません。

そういう意味ではアイアンというクラブはドライバーやFWに比べ、あらゆるコンディションの下でも確実にボールを打っていけるという意味では限りなく万能に近い存在です。フェアウェイのフカフカした芝の上はもちろんのこと、膝の高さくらいあるラフのなかにボールが埋まっていてもアイアンなら打っていける可能性が十分にあります。

飛距離に合わせて使い分ける

アイアンは飛ばしたい距離に合わせて1番からサンドウェッジまでロフトに角度がつけられていますので、飛距離によって番手を使い分ける必要があります。距離のある180Yくらいの打ち下ろしホールではロングアイアンを握る必要があるでしょうし、150ヤードくらいのセカンドショットを打つ場合はミドルアイアンを選択して上手に距離を合わせていかなければならないでしょう。

要するにアイアンは、番手ごとにクラブのシャフトの長さとヘッドのロフト角度が異なるので、同じスイングをしても飛距離が異なります。この距離の違いを利用して狙いたい距離を打っていくのが他の球技にはないゴルフならではの醍醐味というわけです。なお、アイアンの使い分けで考えなければならないのは「距離」だけではありません。「距離」と同時に「高さ」もアイアンの番手を選択する上では大事な判断材料となります。例えば、林の中にボールが入ってしまったときなど、気の枝が張り出していてグリーンまでの距離が届く番手を選択すると「高さ」が出せずに目の前の枝にボールが当たってしまうという場面が良くありますよね。そういった場合はしっかり高さが出せる下の番手をチョイスしなければなりません。

ロングアイアンは不要?

ロングアイアンはアイアンの中でも最もシャフトが長いクラブとなります。グリップの位置からヘッドのまでの距離が長い分だけ、スイング中は強い遠心力が発生します。この遠心力が飛距離を生み出すパワーの源となるのですが、グリップ位置から距離が長くなった分だけ、初心者にとってはクラブをボールに当てるのが難しくなります。ロングアイアンを打つ時に気を付けなけければならないことは主に3つあります。1つ目はスイング軸でトップからダウンスイングに至るまでのスイング途中に頭や体の位置がずれてしまうとクラブを上手く振れなくなってミート率が下がります。2つ目はリリースポイントで短いアイアンに比べ長くなったロングアイアンは手元のリリースポイントを早く設定してあげないと振り遅れとなり、ボールがなかなかまっすぐ飛んでくれません。最後の3つ目は気持ちの問題です。ロングアイアンは遠くへ飛ばすものという意識が強いからか、飛ばそうとして色々なところに力みが出て、結果的にチョロやトップといったミスショットが出てしまうというケースに陥りがちです。他の番手と同じように平常心のスイングを心がけることが大切です。