スコアを上げるには?初心者必見の3つのスコアメイク術

スコアメイクを上手くすることで、ゴルフの上達が早くなります。スコアメイクはゴルフの基本を忠実に守れば、できます。今回は初心者必見のスコアメイクを3つまとめました。

スコアメイクってなに?

スコアメイクとは、自分の実力でゴルフのスコアを作り好成績を上げることです。そのため、自分の実力に合ったコースの攻略や、状況に応じてクラブを使い分けるなど、自分で戦略を練ってコースを攻略していくことが必要です。

自分の実力ではない、ラッキーショットは真の実力とはいえません。ゴルフのスコアを少しでも良くするためにスコアメイクを考えてゴルフをプレーしなければなりません。スコアメイクには、堅実なプレーが基本ですが、時には諦めることも重要です。

基本はフェアウェイの真ん中を狙う

ゴルフのスコアを良くしていくには、フェアウェイの真ん中を狙っていきましょう。飛距離を稼げなくてもボールを狙った方向へ飛ばすことが重要です。フェアウェイの真ん中を狙えばボールが左右に曲がったとしても、フェアウェイに乗る確立が高くなります。

基本はフェアウェイの真ん中を狙いますが、フェアウェイの狙った方向に池やバンカーなどの生涯物があった場合、避けるように打つ必要があります。無理に越えようとすると障害物にボールが入ってしまうことがあるので注意しましょう。

アプローチショットは転がす

アプローチショットには主に次の3種類があります。

・打ち上げるピッチショット

・打ち上げた後、着地着に転がすピッチエンドラン

・転がすチップショット

アプローチショットは、打ち上げる「ピッチショット」「ピッチエンドラン」よりも、転がす「チップショット」の方が簡単です。そのため、目の前に木や池などの障害物がない限り、無理にボールを上げようとせず、転がしてボールをグリーンに乗せましょう。

チップショットの打ち方はパターと同様に手首を使わず方の回転だけで打つのがコツです。

バンカーなどはボールを出すことを意識

バンカーやラフなどの障害物にボールが入ってしまった場合、ボールを出すことだけに意識をおきましょう。ボールを出すだけではなく、無理して狙った方向へボールを出そうとするとミスショットにつながりやすくなります。ミスすることで、スコアを取り戻そうとさらに無理をして大叩きになってしまうことが多いです。

「1打多く叩いただけで済んだ」という気持ちで障害物からボールを出すようにしましょう。

スコアメイクはゴルフの基本を忠実に守れば、良くなります。今回紹介したポイントを確認してスコアアップを目指しましょう!