初心者必見!ゴルフで飛距離を出すために重要な「タメ」の3つのポイント

ゴルフのスイングをタメることによって、勢いのあるボールを打つことができます。今回は、初心者必見の、飛距離に関係する「タメ」のポイントを3つまとめました。

「タメ」は飛距離に関係

ゴルフの練習やレッスンでよく聞くタメたスイングの「タメ」とは、クラブヘッドを走らせて、ヘッドスピードを上げることをいいます。クラブヘッドが降りてくるのを下半身で我慢しているようなスイングです。

タメがあるスイングは、普段のスイングよりも飛距離を伸ばすことができます。タメることによて、クラブヘッドが走り、力強いインパクト(ボールを当てる瞬間)も生まれ、ヘッドスピードを上がるので、飛距離を伸びます。

ゴルフのスコアを上げるためには、飛距離を稼げるようになる必要があります。スコアが100~120の人は、意識してタメたスイングをしてみると良いでしょう。

ポイント1. 手首を解かないよう意識

タメたスイングをすることによって、飛距離が落ちる原因の1つであるダフリの原因になってしまいます。ダフリとは、ボールの手前の地面を打ってしまうことで、ボールを当てる瞬間であるインパクトの際に構えたときより体がボールに近づいてしまうため、ダフリが起きてしまいます。

タメのないスイングは、手首が早くほどけてしまうので、ボールの手前を叩いてしまうことが多いです。手首の折りをキープすることによって、タメのあるスイングをすることができます。

ポイント2. 右肘の使い方が重要

タメのあるスイングをするためには、右肘の使い方が重要です。手首の折りをキープするために、意識することは、ダウンスイングで右肘を伸ばさないようにすることです。右肘が伸びた状態だと、手首の折れがすぐにほどけてしまいますが、右肘が曲がったままキープされていれば、インパクトの瞬間まで手首のタメがほどけにくくなります。

スイング中は右肘が動き続けます。ボールを投げる動作をイメージしながらスイングをすると、右肘が曲がったままスイングをすることができます。

ポイント3. タメを意識しすぎない

タメのあるスイングでも、飛距離を伸ばそうとする意識を持ちすぎてしまった場合、スイングが振り遅れてしまうことがあります。あくまでタメを作るには、手首の折れをキープすること、右肘を曲げたままスイングをすることが重要です。タメのスイングは、力を込めてスイングのスピードを遅くすることではないので、注意しましょう。タメの感覚は長いスイング練習器具で養うことができます。

タメのあるスイングは飛距離を伸ばすために必要不可欠なスイングです。今回紹介したポイントを確認して、実践してみてはいかが?