飛距離が伸びる!?ゴルフのドローボール3つの打ち方

ゴルフのドローボールは、コースを攻略する上で覚えて方が良い打ち方の1つです。ドローボールを打てるようになることで、飛距離も伸ばすことができます。今回はドローボールの打ち方を3つまとめました。

ドローボールとは軽く左に曲がるボールのこと

ドローボールとは、右利きの場合ボールが落ち際に軽く左に曲がるボールのことです。曲がりが大きいと、大きく左に曲がるフックになります。ドローボールはバックスピン量が少なくなるため、飛距離が出やすくなります。

ドローボールは、自分のボールの位置と目標との直線の間に木があり、その木を避けないと目標を狙えなくわざとボールを曲げて打たなければならない状況などで使用します。

ドローボールを習得することで、右方向にボールが飛んでしまうミスショットのスライスを直すことができます。

クローズスタンスを作る

ドローボールを打つには、飛球線に平行に立ち、右足を引いたクローズスタンスを作る必要があります。通常のアドレスを取ってから、右足を15cm程度後ろに引いて構えることでクローズスタンスを作ることができます。クローズスタンスができているかの判断は、ボールの位置が左寄りになっているかどうかです。ボールの位置が右に寄ってしまうち、右方向にボールが飛んでしまうので注意しましょう。

このとき、肩・腰のラインはクローズではなく、飛球線に対して直角に合わせるのがポイントです。

胸をボールに向けたままインパクトを迎える

体の開きが早いと、フェースが開いた状態でボールを捉えてしまうので、胸をボールに向けたままインパクトを迎えるようにしましょう。

バックスイングが早いとダウンスイング以降も早くなるので、体が開きやすくなり、ドローボールを打ちにくくなります。また、ミスショットの原因にもなります。できるだけゆっくりとテークバックを行うと、体をしっかりと回しやすくなり、体が開きにくくなります。

インパクト以降は、目標方向ではなく目標の右方向に向かって振り抜きます。

肩のラインに注目

スタンスは飛球線の右方向で構えるクローズスタンスなので、右肩が前に出にくくなります。右肩と左肩を結ぶラインをボールを運びたい地点より右を向きます。

肩ラインを合わせる際に、アドレスした時にグリップの位置がクラブフェースよりも前(目標方向)に位置する構えであるハンドファーストにならないようにしましょう。インパクト時にクラブヘッドを走らせるため、ハンドファーストではクラブがグリップを追い越すことができないので注意しましょう。

ドローボールは、目標地点に障害物があるときなどで使用します。普段の球筋以外の打ち方を覚えておくことで、コースを有利に進めることができます。今回紹介したポイントを確認して、ドローボールを打ち分けてみては?