飛距離が伸びる!?ゴルフの股関節の使い方

股関節を上手く使えないことで、体の姿勢が崩れミスショットにつながります。スイング時の股関節の動作は飛距離に関係する動作で重要です。今回はゴルフの股関節の使い方をまとめました。

股関節を上手く使えないとミスにつながる

股関節をスイング時に上手く使わないことで、ミスショットにつながります。テークバック時に右足に体重が十分に乗らず、右膝が伸び、軸が左に傾きます。右膝が伸び上がることで、ボールを当てるためにしゃがみこむ動作がスイング時に必要になり、ボールを当てるタイミングが崩れます。ボールの飛距離が落ちるダフリ、ボールが高く打ち上がってしまうトップになる場合があります。

また、股関節を上手く使わないことで腰の回転が悪くなり回転が浅くなります。回転が浅いことで、遠心力が弱くなり、ボールに効率よく力を伝えられず飛距離が落ちます。

股関節は、テークバック時では右の股関節で体重を受け止め、体重移動で得た力をダウンスイングで左の股関節へぶつける動きが正しい股関節の使い方です。

股関節から前傾することが大切

前傾姿勢を作る際、股関節から前傾することを意識してアドレスしましょう。股関節から前傾姿勢をつくらなかった場合、テークバック時に上半身が捻れたとしても、上半身が伸び上がることなくアドレスの前傾姿勢を保てます。

股関節から前傾姿勢を作る際。お尻とへそを意識して作りましょう。お尻を上げてへそが下を向くように前傾姿勢を作りましょう。作る際、膝を伸ばしたままで股関節から前傾し、完全に肩が前に出た状態になりつま先体重になってから膝を曲げましょう。

トップで右股関節と切り返しのシャフトの位置を意識

トップの位置で右股関節と切り返し時でシャフトの位置を意識しましょう。ゴルフに慣れていないうちは。右股関節が抜けてしまいスイングに力がなくなりがちです。シャフトの位置がずれている場合、右股関節が引けてしまい、飛距離が落ちます。切り返し時にシャフトの位置が右肩より低い位置にあることで、前傾姿勢が崩れず右股関節が抜けないスイングができます。

右股関節が切り返し時に抜けないことで、下半身リードの腰の回転が加わったスイングになり飛距離が伸びます。

股関節を使う感覚を養う練習方法

股関節に体重を乗せる練習は、ゴルフクラブを使用せずできます。まず直立してお尻を左右に振る動きをします。お尻を左右に振りながら猫背にならないよう歩きましょう。お尻を左右に振りながら歩くことで、股関節に体重を乗せる感覚を養えます。頭が動かないよう意識して歩きましょう。頭が動いている場合、股関節に体重が乗っていないので注意が必要です。

股関節を上手く使うことで、前傾姿勢が保たれ飛距離が伸びます。今回紹介したポイントや練習方法を確認して、スコアを伸ばしてみては?