飛距離が伸びる?ゴルフのスイングで力を抜く重要性

ゴルフスイングはムダな力を抜いて、クラブが振れるようになると、ショットが安定し、ミスショットを防げます。また、ヘッドスピードも上がるため、飛距離を伸ばすこともます。今回はスイング中に力を抜くコツをまとめてみました。さらに、自分に合った脱力感の探り方も合わせてご紹介します。

飛距離を伸ばすには脱力する必要がある

ボールを遠くまで飛ばしたいと思った時、皆さんはどのような方法でボールを飛ばそうと思いますか?ボールの飛距離を伸ばすためには、様々な方法がありますが、最もやっていけないことは力任せにクラブを振ってしまう事です。

力任せのスイングは一見すると、ものすごい速さでクラブが振れているように見えますが、実際にはシャフトのしなりを使って振れておらず、ヘッドスピードは低下します。さらに、早く振ろうとすると、スイング軸はブレてしまうため、ミート率が下がり、飛距離も大幅に落ちてしまいます。

ボールをより遠くまで飛ばしたい時は、なるべく大きな遠心力を使えるように大きく、ゆっくりとクラブを振ることを意識しましょう。ダウンスイングからフィニッシュにかけては徐々にヘッドが加速するようにクラブを振れるようになるのが理想です。手首や肘を柔らかく使い、しなりのあるスイングでクラブを振れるようになると、ヘッドスピードは上昇し、大きな飛距離を手に入れることができます。

下半身に「ムダな力」が入ると、ボールは飛ばない!?

下半身にムダな力が入ったスイングは、膝や足首など、下半身の関節部分の動きが阻害され、腰の回転が遅れ、テークバックも窮屈になってしまうため、スイングスピードは落ちてしまいます。

また、下半身にムダな力が入ると、腰を起点にして肩や腕、手首などにも力が入ってしまうため、普段のスイングに比べ、リズムやテンポがいつもより早くなりがちです。リズム・テンポが速くと、ボールが左方向へ飛ぶ「ひっかけ」、振り遅れることでボールが右方向へ飛ぶ「スライス」などのミスショットがでやすくなってしまいます。

力を抜いてクラブを振るためのコツ

アドレスやスイング時に「ムダな力」が入らないようにするためには、まずは落ち着いた精神状態でボールの前に立つ事が大切です。クラブを握った時に少しでも心に不安を感じた時は気持ちを整え、深い深呼吸を行った上でアドレスに入るようにしましょう。

その他、あさイチのティーショットなどでどうしても緊張感が抜けない時は簡単なストレッチを行った上でクラブを振ると、思った以上に力を抜ける場合もあります。

両肩のストレッチには、ゴルフクラブを使った次のストレッチ方法が有効です。

1. クラブのグリップを右の手で握り、体の後ろ側に回す。

2. 後ろに回したクラブのヘッドを左手で握って真下に引き下ろす。

3.同じ動作を反対の手で握り、反対の手で引き下ろす。

(これで、左肩周りの筋肉も伸ばすことができます。)

一方、腕の場合は、次のストレッチ方法を試してみましょう。

1. 左腕を真っすぐ伸ばし、左の手の平の前指を握る

2. 左の手の甲が腕に付くように前指をグッと握って後ろ側に倒す。

(反対の腕の筋肉を伸ばしたい場合は、逆の手を使って同じ動作を行う。)

なお、今回、紹介したストレッチ法はルーティーン前の動作として素振りの前に組み込むと、リラックスした状態でボールを打ちやすくなります。

自分に合った脱力感の見つけ方

自分に合った力を見つける方法は、今回紹介した方法以外にも様々な方向があります。例えば、グリップを握る強さを変える方法もそういった方法の一つです。

この時、自分にとって心地良いリズム・テンポでクラブを振れる方法とは何なのか、こういった視点で様々な方法を試してみることが大切です。

9番アイアンなど、シャフトが比較的短めのゴルフクラブが苦手な人は少ないでしょう。また、得意クラブを振っている時はとても良いリズムで振れている、そんな人も多いのではないでしょうか?

ゴルフスイングはクラブを振るスピードを遅くして振ろうとすると、思った以上に力を抜いてクラブを振れる場合があります。そこで、どうしても力が抜けない時は、調子の良いクラブを振っている時は、どんなテンポなのか、たまには確認してみても良いでしょう。

力が抜けたスイングは、強烈なしなりが生まれ、飛距離を大きく伸ばせます。今回紹介したポイントを再確認して、自分に合った力の抜き方を見つける旅に出かけてみてはいかがでしょうか?