初心者必見!飛距離を伸ばすのに関係するゴルフのインパクトってなに?

熟練者と話していると、「飛距離を出すにはインパクトが大事だぞ」と言われたりしますが、インパクトってなんぞや..?と思っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ゴルフでよく語られる「インパクト」について解説します。

インパクトとは?

インパクトとは、クラブのヘッドがボールを捉える瞬間のこと。もっと簡単にいえば、クラブとボールが接触した瞬間のことです。ゴルフではしばしば安定したフォームを体得することの重要性が語られますが、それらはすべて「いいインパクトをし、ボールを思った所へ飛ばす」という目的のためにあります。ある意味では、ゴルフで飛距離を伸ばし、スコアを伸ばすためには、インパクトが重要です。

それでは、「いい」インパクトをするには、どうすれば良いのでしょうか?いくつかポイントをご紹介します。

力まない

ゴルフをラウンドする時、ドライバーなどで飛距離を出そうとすると無意識のうちに力が入ってしまい、グリップを握りしめたままスイングをしてしまったりします。そうすると、スイングが固まったままインパクトをしてしまい、ミスショットとなってしまうのです。打つ前にはきちんと息を吐き、手全体ではなく右手の中指から小指で柔らかくしっかり握ることが大切です。

打つ前に素振りをする

「そんな当たり前のこと」と思われる方もいるかもしれませんが、これが重要なんです。プロのトーナメントを見ていても、打つ前には必ず素振りをしています。素振りをすることで具体的にどう飛ばすかをイメージすることができ、ミスショットをしてしまう可能性をぐんと減らすことが出来ます。

ボールを打つ前に素振りをすることで、目標地点に向けての理想的なスイング軌道のイメージを持ちやすくなります。理想のスイング軌道でボール打てるため、インパクトが成功しやすくなります。

状況によってショットを調節する

たとえばバンカーから打つとき、いつもと同じようにスイングしていてはうまくインパクトすることができません。

地面の状況によりショットを使い分けることで、その局面に相応しいインパクトができます。局面やゴルフクラブの番手によってスイングの最下点が異なります。正しいインパクトをするために、自分のクラブのスイングの最下点を把握しておきましょう。

皆さんも、「いい」インパクトを心がけながらゴルフを楽しんでいきましょう!