初心者必見!ゴルフのミート率の計算方法

ゴルフには、「ボールに対して、どれだけ効率よくエネルギーを伝えられているか」を示すミート率というものがあります。今回は、このミート率の計算方法をまとめました。

「ミート率」とは

まず、ミート率という言葉を聞いたことありますか?ミート率とは、「スイングの力を、どれだけ無駄なくボールに乗せられているか」をわかりやすく示す数字です。実際、「ヘッドスピードは同じなのに、飛距離がぜんぜん違う」ことはよくあります。この飛距離の差は、ミート率の差によることが多く、ミート率を高めることによって飛距離を高められます。

ミート率と飛距離の関係

ミート率を上げることは、飛距離を伸ばすことに直結しています。このことを理解するために、先に飛距離の計算方法について触れます。

飛距離は、ボールの初速に4を掛けた距離になります。

(数式) 飛距離=ボールの初速×4

つまり、ボールの初速が速ければ速いほど、ボールは遠くに飛ぶということです。飛距離を伸ばすには、ボールの初速を上げなければいけません。

ミート率が上がるとボールの初速が上がります。スイングの勢いが、どのくらいボールにうまく乗ったかで、ボールのスピードが決まります。

ミート率の計算方法

ミート率は、ボールの初速をヘッドスピード(スイングの勢い)で割った数字です。(ミート率)=(ボールの初速)÷(ヘッドスピード)で出すことができます。

たとえば、ヘッドスピードが40m/sで、ボールの初速が54m/s だとしたら、ミート率は

54 m/s ÷ 40 m/s = 1.35

となり、飛距離はボールの初速の4倍なので、216m(約236ヤード)です。

同じヘッドスピードで、ミート率が1.40まで上がったらどうなるでしょうか?

ボールの初速が、

40 m/s × 1.40 =56 m/s

となり、飛距離は224m(約245ヤード)です。ミート率を上げれば、ヘッドスピードが変わらずとも飛距離を伸ばせるということが、ここからもわかります。

ミート率の調べ方

ミート率を調べるためには、「ボールの初速」と「ヘッドスピード」を知る必要があり、専用の道具が必要です。「ヘッドスピード計測器」は、安いもので2000円から、50万円する高級なものまであります。安いものは、「ヘッドスピード」のみ計測できるモデルが多いです。ミート率を計測するためには、「ヘッドスピード」と「ボールの初速」の両方を計測できるモデルを購入しましょう。

また、「自分で計測するのが面倒だ」という場合は、ゴルフショップでも計測を行っている場合があります。近くのゴルフショップで聞いてみてはいかがでしょう?