初心者必見!スコアアップに必要不可欠なゴルフのミート率の3つの上げ方

ミート率が上がらない、と悩んでいる方も多いのでは?ミート率を上げるには、スウィートスポット(ゴルフクラブの芯)を捉えたスイングをしなければいけません。今回は、そのための3つのポイントをまとめました。

シャフトの長さを見直す

ミート率が上がらない原因の1つとして、シャフト(ゴルフクラブの柄)が長すぎることが挙げられます。長いシャフトは、ヘッドスピードは出ますが、遠心力が発生し振りにくいため、扱いにくいです。扱いきれない長さのシャフトを使うと、ヘッドスピードが上がってもミート率が下がり、飛距離は伸びないということになりかねません。

もしミート率が上がらないのなら、長いシャフトより振りやすく扱いやすい、短めのシャフトを試してみましょう。自分が扱える長さのシャフトを見つけることで、ゴルフクラブの芯で打つスイングをしやすくなり、ミート率を上げることができます。

コンパクトなスイングを心掛ける

飛距離を伸ばすことを意識しすぎると、スイングが大振りになりがちです。大振りなスイングでは、ボールを当てにくいため、スウィートスポットで打つことが難しくなります。スイングを大ぶりにしがちな人は、小さなスイングを心掛けることで、ミート率をあげることができます。スイングが小さいと飛距離が伸びない、と思いがちですが、芯をとらえることができれば十分に飛ばすことができます。

「小さく振りかぶって、スウィートスポットで打つ」ということを意識するだけで、ミート率を上げ、飛距離を伸ばすことができるようになります。

ゆっくりスイングを心掛ける

ヘッドスピードを上げるために、速いスイングをしようとする人もいるのでは。速いスイングは、スイングの軌道が不安定になりがちなので、ボールをあてることが難しくミート率が下がってしまいます。スイングの速さばかりに気を取られると、スウィートスポットで打つことが難しくなります。

スイングの速さをゆっくりにすることで、スイングの軌道が安定し、スウィートスポットでボールをあてやすくなります。また、ゆっくりスイングにすることで、ボールの方向が安定し、狙ったところにボールを飛ばすことができるようになります。ゆっくりスイングを心掛けて、ミート率アップを目指してみては?

まとめ

ミート率を上げるためには、スウィートスポットで打つことが何よりも大事です。

・シャフトの長さを見直す

・コンパクトなスイングを心掛ける

・ゆっくりスイングを心掛ける

以上3つのポイントに注意すると、スウィートスポットで打ちやすくなり、ミート率を上げることができます。ミート率をアップすることで、飛距離が伸び、より少ない打数でグリーンに近づけることができるのでスコアアップにつながります。

今回紹介した3つのポイントを意識して、スコアアップを目指しましょう!