ドライバーで飛距離が伸びない!ゴルフのフックのたった1つの直し方とは?

アイアンの曲がり幅はそれほど気にならないのに、ドライバーで打つとボールがとにかく左に飛び、曲がり幅も予想がつかない程に大きく曲がってしまう。そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?今回はドライバーフックがなぜ、出てしまうのか?そして、そのようなフックを治すためにはどのようなスイング心がければよいのかを解説します。

ドライバーの飛距離が安定しない理由とその原因とは?

まず、この記事を読んで下さっている方々の中には、持ち球のフックが原因で飛距離が伸びず、チョロやトップのミスが多いという方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか?そのような症状を抱えている場合、原因はトップからダウンスイング以降の体重移動が正しく機能しているのかを疑ってみる必要があります。

ゴルフスイングはテークバックで右足側に移った体重をダウンスイングで左足側にうまく乗せることができるからこそ、ボールをより遠くに飛ばせるスポーツです。また、人によっては、テークバックで右サイドには、上手く体重が乗っているものの、下半身リードで打つ感覚が掴めず、悩んでいるといった方もいらっしゃることでしょう。

特にドライバーなど、長めのクラブを握ってクラブを振る際は、ボールをより遠くへ飛ばすためにも、体全体を使ってシャフトをしならせる必要があります。また、クラブヘッドの加速が最大限に達した状態でインパクトを迎えることができてこそ、クラブが持つポテンシャルは極限まで引き出すことができるため、体重移動が上手くいっていない場合、極端にヘッドを下から上へと振り上げてしまい、常にボールの上っ面をこするようなスイングになってしまっている可能性は否定できません。このようなスイングでは、ボールなかなか高く上がりませんし、全くと言ってよいほどボールは前に飛びません。

スライサーより、少数派の「フック」が苦手なゴルファー

皆さんはゴルファーの約8割以上の方が、スライス(ボールが右へ曲がってしまうこと)に悩んでいるという事実をご存じでしょうか?そう、今回のテーマであるフックに悩んでいる方は、実は全体の2割程度しかいないのです。

この2割の方々のミスの多くは、スイング軌道がいわゆるアッパーブロー軌道になってしまっていることが原因で発生しているミスです。まっすぐボールを前に飛ばすためには、とにかくボールの真横に向かってクラブのヘッドをぶつけるような感覚を練習の中で養っておかなくてはなりません。しかし、そのような感覚を養うためにはスイングを身に付ける必要があるのか、わからないといった方も多いことでしょう。そして、何度打ってもフックが出てしまう。その原因は、いったいどこにあるのでしょうか?これからその対処法を皆さんにお伝えします。

フックの原因

そもそも、フックとは「ボールにものすごい左回転のスピンがかかってしまう」こと、それ自体が原因で起こり得るショットです。

プロや上級者などは、わざとボールに強烈な左回転のスピンをかけるためにインパクトの瞬間に手首をひねってフェースを閉じ、人工的なフックをかけるといったテクニックをトーナメントで披露することがありますが、多くのアマチュアが経験しているフックはそのような類のものではありません。

つまり、何度打ってもフックが出てしまう人や人工的に意図してフックをかけるテクニックを使用せずとも、フックがかかってしまっている人は逆に言うと、知らぬ間にそのように手首を動かしてしまっているということになります。

スイング中に手首のひねりによって、フェースをローテーション(開閉する)する動きの原因は両肘の絞り過ぎ、下半身にへの力の入れ過ぎ、極端に短いグリップ、右手首をキープできていない、体の回転が止まっている、など様々な要因が考えられます。なぜ、手首をひねってしまうのかについては人によって、それぞれ原因が異なるため、ビデオ撮影などを利用し、徹底して原因を追求する姿勢が大切です。

フックの改善

フックが出てしまう原因は多くの場合、インパクトの瞬間に手首や指先を使いすぎや極端に下からボールを救い上げるようなスイングになってしまっていることが原因です。

中でも手先の使いすぎは体の動きが止まりやすく、止まった身体の反動で体が伸び上がったり、少し窮屈な状態でインパクトを迎えてしまうといった現象が起こりえます。このようなクセを改善するためには、スイング時はなるべく、ゆっくり身体を動かすよう意識し、手首はなるべく使わず、自然体の状態で動かせるフォームを身につけることが大切です。

即効性あり!フック改善に効く方法

その他、「今すぐにフックを治したい!」という方に向けて、即効性のある「フックの改善方法」をお教えします。

まず、どうしてもフックを治したい場合はグリップを「ストロンググリップ」で握ってみましょう。ストロンググリップは、正面から見て左手の甲にある「バックル」が半分以上見えている状態でクラブを握るグリップのことです。

この時、右手の親指と人差し指の間にできるシワは右肩を指しているくらいの度合いで左手をしっかり、上から押さえつけるようにしてグリップして握ると良いでしょう。

ストロンググリップには、右手の手首が強く働いてしまう力を抑えることができる他、フェース面の開閉する度合いを少しだけ制限してくれるという効果が期待できます。「ストロンググリップ」は、フックを防ぎたい多くのプロなども採用しているテクニックですので、フックにお悩みの方は是非、一度試してみて下さい。