ゴルフコースに詳しくなろう!佐賀県で人気のゴルフ場ってどこ?

佐賀県は九州でもっともゴルフ場数が少ない県です。そのため、リーズナブルでお得なコースも数多く存在します。北部九州方面からであれば、ゴルフ場へのアクセスはカンタンでゴルフも盛んな地域の一つです。

佐賀カントリー倶楽部

佐賀カントリー倶楽部は井上誠一氏の設計で1971年に開場した、丘陵地ながらも林間コースさながらの味わいを兼ね備えたゴルフコースです。

井上誠一氏設計の九州のゴルフ場は2つのみで、その内の1コースです。井上氏いわく、東に蜿蜒とつづく筑紫次郎、 南に広がる佐賀平野、有明海を越えて展望する雲仙岳、西につづく多良岳、天山、背振山の連峰などの山々の景観を表現したと伝えられるコースはアウトコースは距離のたっぷりあるストレートホールが多く、慎重さと正確さが要求されます。

一方、インコースはアウトコースと違って、緩やかな地形の起伏を巧みに利用したグリーンやフェアウェイが特徴的です。5つの池が要所に配置されており、セカンドショットのミスには注意が必要です。

名物ホールの1つが左ドッグレッグのミドルホールである3番です。2オンを狙うためには最低でも230ヤード超えのキャリーが必要になるティーショットは多くのゴルファーを悩ませます。ベントグリーンへの移行に伴い、改造された亀甲形のグリーンは上級者にとっても難易度は高めです。

唐津ゴルフ倶楽部

太平洋戦争以前からある佐賀県唯一のコースで、佐賀県最古の名門ゴルフ場で小城の今泉政喜、第百六銀行の専務取締役であった小野好郎、杵島炭坑のオーナー高取九郎らが中心となって出資し、1937年に現在の馬場野コースである9ホールで開場します。

その後、戦時中の休止を挟んで、1991年には鷹巣南雄、金井清一の両氏の監修した大平山コースの9ホールが開場し、現在の18ホール構成となります。

唐津ゴルフ倶楽部はのどかな田園風景が広がる丘陵コースで、インコースにあたる馬場野コースは自然の地形を生かして人の手で造られており、適度なアップダウンがあります。レトロな雰囲気を味わうことができるのがインコースの魅力です。アウトコースの大平山コースは近代的な造りで自然の池をふんだんに活かした戦略的なコースが特徴で、玄界灘からの風がプレイヤーのクラブ選択を惑わせます。

ブリヂストンカンツリー倶楽部

1957年に三好徳行氏の設計で開場した丘陵コースです。コース内は赤松や楠の大木が生い茂り、近くにそびえる朝日山は北部九州でも有名な紅葉の絶景ポイントの一つです。

趣を大きく異にするアウトコースとインコースの両コースは、アウトはフラットでオーソドックスなホールが多く、横幅や距離もたっぷりあるのでドライバーで思い切り飛ばす事ができます。一方、インは適度のアップダウンがあるため、距離は短いがセカンドショットは正確性が要求されるホールが続きます。グリーンは全て大小様々なサイズの亀甲形コーライグリーンでボールの転がりを予測するのは上級者でも困難でしょう。

武雄ゴルフクラブ

1965年に伊津野勉, 阿部恒雄の両氏設計で開場した丘陵コースです。

佐賀県では3番目に古いコースで標高は30~40mと多少低めで、起伏のある地形にレイアウトされています。フェアウェイは打ち下ろしホールが多く、全体的にフラットで幅が狭めのコースです。池越えや谷越えなどのホールも多く、他とは違う個性も感じられます。

アウトコースはアップダウンが少しだけあり、トリッキーなホールが多めです。インコースは谷越え、池越え、打ち下ろしと大胆に変化しますが、ドライバーを持たなければ戦略的に難しくなるホールもあり、ハードヒッターも楽しめます。ピンポジションの違いで、攻略ルートが幾つも用意されていて飽きのこない18ホールズです。距離よりも正確性重視のゴルファーが得意とする佐賀県屈指の名門コースです。