気軽に練習できる!ゴルフのショートコースってなに?

ショートコースって聞いたことがありますか?ショートコースは、普通のゴルフコースより短く設定されているコースです。今回は初心者におすすめのショートコースについてまとめました。

ショートコースとは?

ショートコースは、普通のコースに比べて短めに作られたコースです。

普通のゴルフコースは、「ショートホール(パー3)」「ミドルホール(パー4)」「ロングホール(パー5)」で構成されています。ショートコースは、ほとんどがショートホールで構成され、ホール数も9ホールや12ホールなど普通のゴルフコースより少ないこと多いです。

ショートコースは、様々なレベルのゴルファーの練習に適したコースです。まだゴルフに慣れていない初心者はもちろん、中級者、上級者にもおすすめです。

ショートコースをおすすめする理由1

練習場でしか打ったことのない初心者にとって、いきなり本格的なゴルフコースでプレーをすることは不安があります。初心者のうちは、本格的なゴルフコースの前に、ショートコースで慣れるのがおすすめです。

練習場のストロークと、ゴルフ場でのストロークは、芝生の状態や傾斜の影響があり、大きく異なります。ショートコースで練習すれば、実際のゴルフの感覚をつかめます。

また、ゴルフはマナーを重視するスポーツです。いきなり本格的なゴルフ場でプレーすると、思わぬところでマナー違反をしてしまい、周りに迷惑をかけてしまいがちです。ショートコースで予行演習をすることで、マナーを学べます。

ショートコースをおすすめする理由2

ショートコースは初心者だけでなく、中級者、上級者にもおすすめです。ショートコースでは、練習場では難しい、グリーン上でのアプローチショットやバンカーショットの練習などもできます。

アプローチショットやバンカーショットなどの練習は、打ちっぱなしやレッスン場などでは設備がなく、できない場合があります。一般のゴルフコースを練習で使うと値段が高くつきます。

ショートコースは、一般のゴルフコースに比べ価格が安いことが多いです。一般のゴルフコースは1日の利用に1万円から2万円ですが、ショートコースでは3000円から8000円と比較的リーズナブルに利用できます。

まとめ

ショートコースは、練習をするのに適したコースです。

ショートコースは中級者、上級者が気軽に実戦形式の練習ができる場であり、初心者ゴルファーがゴルフに慣れる場所でもあります。

特に初心者は慣れるまで、マナーやプレーの進行の面で、一緒に回る人たちに迷惑をかけがちです。ショートコースで予行演習すれば、実際のプレーの際にスムーズに振舞えるでしょう。

スコアアップを目指す中級者、上級者も、まだ慣れない初心者も、ショートコースで腕を磨いてみてはいかがでしょう?