解決したい!ゴルフの2015年問題の闇

プレーヤーの減少が加速する中、2015年問題はやはり深刻なようです。若い人のゴルフ界への進出が望まれます。今回はゴルフの205年問題についてまとめました。

少子高齢化社会の影響はどれほどか?

少子高齢化に伴い、ゴルフ愛好家の高齢化とともに、プレーヤーの減少にも注目が集まっています。総務省の調べによると、この10年で、20歳から30歳のゴルフ人口が200万人減少したといわれています。スキーヤーなどの減少によるスキー場の経営難なども問題になっていますが、現代の若者は体力不足で、スポーツ離れが進んでいるようです。現在最もアクティブにプレーを楽しんでいるのは60歳代であるといわれています。一方、会社の接待でゴルフの利用が激減していることも、若者のゴルフ離れに拍車をかけているといえます。

若者のゴルフ離れって深刻?

先ほど少し紹介したとおり、20歳から30歳代の年齢層は、1年あたり20万人のペースでプレーヤーが減少しています。最近の若い人の考え方として、「出かけるのは面倒」、「お金がかかりそう」、「技量を上げるための練習が嫌」などが挙げられます。最近は車も欲しがらない若者が多いので、スポーツに高額なお金をかけるのは考えられないことなのかもしれません。また、人と直接交流することを避ける傾向もあるようです。そもそも、スポーツ自体に興味が無い若者が多く、とても残念な状況といわざる負えない状況です。

ゴルフ場経営の最大の負担はゴルフ利用税?

都道府県では、ゴルフ利用税という税金を徴収しています。標準税率は1日800円で、都道府県単位にてコースのホールの数・芝の状況・付加設備の状況により、1級から12級までの等級がつけられ、1級が最も高く1日につき1200円の税率となります。この税金は、基本的にはプレーヤーから徴収し、コースの経営者が地方自治体に納めますが、このプレーヤー不足の中、価格競争も激化し、経営者の負担になるケースも多くなっています。この状況を受けて、全国に2400あるコースも、徐々に減少してきています。

2015年問題の打開策はあるのか?

この2015年問題の打開策はあるのでしょうか?何より若いプレーヤーを増やす必要がありそうです。1980年代に見られたような、青木功プロ、尾崎将司プロ、中島常幸プロの「AONトリオ」のいたゴルフ黄金時代を彷彿とさせるような若手のプロの活躍が望まれるところです。石川遼プロのような若手の選手の活躍を祈るばかりです。石川遼プロの生い立ちを見るとわかるとおり、「エリートでないと出来ないスポーツ」というイメージの定着を解決しなければなりません。ゴルフが大衆化するように、もう少しラフなマナーにするなど、ルールの見直しも必要かもしれません。

年配プレーヤーも積極的に、若い人をコースに誘ってみてはいかがでしょうか。