ゴルフ愛好家なら押さえておこう!定番ゴルフ漫画とは?

実用書とは異なり、娯楽として楽しみながらルールやハウツーを学ぶことができます。今回は定番のゴルフ漫画を4つまとめました。

学生ゴルフの決定版?空の昴

多数のゴルフコミックを手がけるゴルフ漫画家”ともいえる本島幸久作の、講談社『週刊少年マガジン』で連載された漫画です。

主人公の星野昴は運動好きの一見何の変哲もない子供のようですが、ことゴルフとなると人が変わり驚異的な集中力を見せます。宿命のライバル・兵藤芯と切磋琢磨しながら腕を磨き、ジュニア、そしてその上へと活躍していく様子を描いた作品です。少年漫画らしく、主人公の成長や次々に登場する個性豊かなプレーヤーたちとの対決が作品の根幹をなしています。

特殊能力が熱い!ライジングインパクト

集英社『週刊少年ジャンプ』に連載された鈴木央の少年漫画です。野球好きで将来プロ野球のホームラン王を目指すハーフの少年・ガウェイン七海がゴルフに出会い、野球を遥かに凌ぐその飛距離に魅せられゴルフを始めるところから物語は始まります。ガウェインはボールの真芯を正確に捉えることのできる「ライジングインパクト」という天賦の才”ギフト”の持ち主であり、他にもギフトを持つキャラクターがライバルとして登場し、作品の後半ではこの特殊能力がキーワードとなっていきます。

マッスル主人公の活躍劇!黄金のラフ

こちらは青年誌『ビッグコミック』(小学館)に連載されたなかいま強による作品です。主人公の藤本草太は全18ホールをバーディーで制覇することを夢見る筋肉馬鹿。芝目の読みに優れるがメンタルに難アリの太子治と優れたスイング理論を持つものの体格に恵まれない谷田部光一、そして草太の3人が互いの欠点を補い合う形で結成した「チームきりたんぽ」で勝利を目指します。草太がプレーヤー、治がキャディー、光一がスイングコーチという布陣で、ライバルたちとの熾烈な争いを潜り抜けていきます。

最強最悪のケンカ屋のKINGGOLF

佐々木健による作品で、『週刊少年サンデー』(小学館)にて連載されました。第56回小学館漫画賞少年向け部門の受賞作品でもあります。

主人公の優木蒼甫は数々の伝説を持つ最強最悪のケンカ屋ですが、ある日ひょんなことからゴルフ部コーチの谷川とゴルフ対決をしたことでその魅力に引き込まれ、「ゴルフ界の王になる」ことを目指してゴルフ部へと入部します。元来の性格と類稀なる運動神経で急成長をしますが、すぐに結果を出せるほど甘いものではなく、苦労しながらも蒼甫は前進し続けます。

いつもの練習にちょっと飽きたな、というときには是非手にとってみてはいかがでしょうか?