ゴルフのラウンド時間を順守するために必要な心掛けとは?

キビキビと動くことや、早めに自分が打つ準備をしておくことなど、スピードプレーのために意識できる点はたくさんあります。今回はゴルフのラウンド時間を守るための心がけについてまとめました。

最低限の技術力を備えるのもマナー

ゴルフはマナーとエチケットのスポーツと言われますが、一緒にプレーしている人への気配りはとても大切です。その中で、最も大切なマナーの一つがプレーをスムーズにするということです。日本のゴルフ場の多くは、ハーフ2時間15分以内と定めているコースが多いのですが、初心者の場合、みんなのプレイスピードについていけず、ラウンド時間が延びてしまうことがあります。飛距離が出ず何打も打つ必要がある場合や、左右に大きく曲がって打ってしまいボール探しを何度もしなければならない場合など、時間が余分にかかってしまいます。あまりにもミスが多くてほかの人を待たせてしまうのでは、せっかくのゴルフをお互いに楽しめません。ある程度の技術力を持ってスムーズにプレーできるようにすることも必要です。

長考は迷惑?判断力を養う大切さ

ラウンド時間が延びてしまう理由の一つに、どのクラブを使ってどのように打つかなど判断に時間がかかりすぎてしまい、結果として動作が遅くなります。それを避けるには、ほかの人が打っている時間の有効利用が鍵です。同伴者の邪魔にならない範囲で、早めに次のプレーの準備をするようにしましょう。使う可能性のあるクラブを持って、ボールに近い邪魔にならない場所に移動し、打つクラブを決めたり、素振りをしたりして次のプレーをシミュレーションしておくとよいでしょう。また、グリーン上のプレーでは、自分のラインをよく確認しておき、自分の番になった時にはしっかりラインの状況が把握できているようにすることも判断力を高めます。

コース間の移動はスムーズに!

スピードプレーのためには、キビキビと動くことが欠かせません。移動時にのろのろと歩くのは避けたいところです。基本的にゴルフは歩いて移動するものですが、プレーが遅れている時には、次打の地点まで走って時間を稼ぐことも大切です。また、いつも前の組との距離を気にしておき、前が空きそうな場合には早めに距離を縮めるよう心がけておくようにしましょう。早く移動するということは特に難しいことではなく、気をつけてさえいればすぐに実践できるスピードプレーへの近道です!

後のグループにスルーさせるという選択肢も!

自分たちのプレーが遅くなってしまうと、ほかのゴルファーを待たせて嫌な思いをさせてしまいます。色々な理由で標準的なスピードプレーが難しいという場合には、そのホールのプレーをやめて後ろのグループをスルーさせるという選択肢もありますので、そうすることも視野に入れましょう。ただし、ゴルフ場によってはレールの上を走る仕様のカートで、スルーができないシステムのものもありますので注意しましょう。

地道に技術を磨くことも大切ですが、心がけ次第でラウンド時間を守ることは可能です。プレーファーストを意識してマナーの良いゴルフを楽しみましょう。