接待ゴルフの費用は経費で落とせる!?接待交際費として計上できるワケとは?

ゴルフは、一日中、知らない人と一緒に回り、スコアの確認などでお互いの名を呼び合わなくてはならないスポーツです。関係が浅い人同士でもラウンドが終われば親睦も深まります。経費を払ってでもゴルフ接待をするのは、なぜなのか?少し、考えてみましょう。

接待交際費ってどういう経費なの?

接待ゴルフの費用が経費で落とせるか?を知る上で、まず接待交際費がどういう費用か確認しましょう。接待交際費は、税務上の仕訳では接待費、交際費、機密費といった項目に分類される費用で、取引のある仕入先、お客様、さらには、今後取引が期待される会社の方との接待・贈答・慰安などに対する支出を指す用語です。

そのため、一緒に仕事をした後の飲み会や、会社訪問の際に持っていくお茶菓子、ビジネスが一段落した時の旅行のための支出は、すべて接待交際費になります。また、変わったところでは、取引先が有料の展示会に出展していて、取引先目当てに展示会へ行った時の入場料も接待交際費になります。

ゴルフは接待交際費になるのか?

結論から言うと、ゴルフに行った場合の支払いは接待交際費として経費計上できます。原則としてゴルフは数人でラウンドするスポーツなので、プレイヤーに取引先の方がいれば、接待の要件を満たします。休息時間に飲食してかかった支払いも接待交際費の対象とすることが可能です。

会社組織ではなく、個人事業主の場合でも得意先とラウンドした場合は接待交際費として経費計上できます。ただ、国税庁は一人あたり5,000円以下の接待飲食費については、全額損金として費用計上できるとしていますが、ゴルフにおける飲食は飲食費のルールは適用されず、50%は損金として計上できない(課税対象)ことになります。

会社の役員や同僚とのゴルフは経費にできるのか?

会社の役員や同僚たちとゴルフに行った場合は、接待交際費として経費計上できません。前述のとおり、接待交際費は取引先の方を接待する費用だからです。では、福利厚生費などの他の項目で費用計上できるでしょうか?答えはケースバイケースです。

福利厚生費は、社員のすべてが平等に受益できるものでなくてはなりません。

そのため、一部の人がゴルフに行ったというだけで福利厚生費として経費計上することはできません。ただし、たとえばスポーツ系の会社で全社員がプレーできるゴルフ場があったり、社員全員に毎年同額の福利厚生費が交付され、社内親睦に利用できるという制度があり、そのお金でゴルフに行ったのなら経費計上は可能です。

プレーと飲食を分けるのも賢い方法です

前々項で書きましたが、ゴルフと一体となっている飲食費は、一人5,000円以下の金額でも半額は損金扱いにできないため、税務的には負担が大きくなります。これは、宿泊を伴うゴルフ旅行へ行った場合の飲食費でも同じです。

こういった経費を損金にするための賢い方法として、プレーと飲食を分ける方法があります。たとえば、ゴルフに行き、プレーしたメンバーの一部だけで飲食をした場合、ゴルフと飲食は別と捉えることができ、飲食分は損金として計上できます。逆に、夜に大勢での飲食会があり、その前に一部の人たちとプレーをした場合も別と捉えられます。