昔は当たり前!?ゴルフ旅行する際の注意点

ゴルフ旅行のマナーや注意点は今も昔も同じです。同伴者を思いやる心がけを持って、参加するのが基本です。今回はゴルフ旅行をする際の注意点をまとめました。

旅行先でもマナー・ルールは守る

ゴルフを主目的とした旅行を仲間同士で行うことがあります。そんな時もコース上では、ルールやマナーを守るのは当然のことです。プレー中は、同伴プレーヤーに迷惑をかけないように心掛けることが大切です。特に旅行の時に気をつけたいのは、用具の不備が無いようにすることです。パターを忘れてしまった、グローブを忘れてしまったなどはもってのほかです。また、連日プレーの場合は、グローブなどは複数用意しておきたいものですね。初日が雨だと、次の日のプレーで使用するときに気持ち悪いからです。必要に応じて現地でグローブやボールなどの小物を購入できるように、少し多めにお金を持っていくのも良いかもしれません。

プレーフィーが異なる場合がある

プレーフィーとは、コースの使用料のことです。キャディーがついてくれるのであれば、プレーフィーも高額になってきます。カートを使用するのであれば当然課金されます。プレー環境によって、プレーフィーが増減することは覚えておくことが必要です。また、コース利用の税金や協力金などがコースによっては加算される可能性も有りますので、事前にしっかりと確認しておくことをオススメします。メンバーとビジターでも料金が変わり、特に、ビジターの場合は平日と土日祝日とで料金が変わってきます。

ゴルフ宅急便で持ち物を減らす

ゴルフ場に向かうときは、極力荷物を減らしたいものです。4人でコースに向かう場合、セダンタイプの乗用車1台で行くと、トランクに全員分のクラブセットがのらない可能性もあります。そんな時には、宅急便を利用するのもオススメです。プレーの2日前に宅急便に持ち込めば、前日には現地に届けてもらえます。価格も500円前後でリーズナブルです。最寄りのコンビニなどに持ち込めば、配送料も割引してもらえます。あらかじめ用具を送ってしまえば、宿泊用の荷物もゆっくりと準備できて忘れ物が減るかもしれません。

ゴルフ旅行ならゴルフパックがおすすめ!

ゴルフ旅行を企画するのであれば、断然「ゴルフパック」を利用するのがオススメです。何より、リーズナブルな価格で旅行が実現します。コース使用料と、宿泊施設がパックとなり格安料金が設定されているためです。中には、交通費込みのツアーも企画されています。特に、飛行機で移動するような場所であれば、ゴルフパックの価格におけるメリットが大きくなります。早めに手配すれば、早割などの割引があるので上手に利用したいものです。宿泊施設も温泉付きだったり、夕食が豪華だったり様々なメリットがあります。

今回紹介した注意点を確認し、楽しい思い出作りができると良いですね!