初心者必見!ゴルフクラブのシャフトのトルクってなに?

ゴルフクラブには長さ・硬さ・柔らかさ・調子がありますが、それ以外にも「トルク」があります。トルクを見ることでより自分に合ったゴルフクラブを選ぶことができます。今回はゴルフクラブのトルクについてまとめました。

トルクとはシャフトのねじれやすさを数値化したもの

シャフトには、硬さや調子、柔らかさなどの指標のほかにねじれやすさを数値化した「トルク」があります。トルクの数値が大きいほどねじれやすく、数値が小さいほどねじれにくいです。トルクとは、自動車のハンドルの遊びのようなものです。遊びが少ない(トルクの数値が低い)より、遊びが多いハンドル(トルクの数値が高い)方が精細さにかける分、ミスに対して余裕が出ます。数値が大きい分、手の動きに対して鈍感になります。

飛距離が伸びなくなった、ボールのコントロールが効かなくなってきたと感じている人は、トルクの数値に注目しましょう。

トルクが大きいクラブは初心者、フッカー向け

トルクの数値が大きいほど、ボールが当たる瞬間であるインパクトにかけてフェースが開きやすくなります。フェースが開くことで、ボールは右方向に飛ぶため、ボールが左に飛んでしまうフック気味の人は、トルクの数値が大きいゴルフクラブを使用することで、ボールを真っ直ぐ飛ばしやすくなります。

また、トルクの数値が大きいほど手の動きに対してヘッドの動きが鈍感になります。自分が余計な動きをしてもヘッドが元の位置に戻ってくるので、スイングが不安定な人はトルクが大きいゴルフクラブを選ぶと良いでしょう。

トルクが小さいクラブは上級者、スライサー向け

トルクの数値が低いゴルフクラブは、ねじれにくいのでフェースが開きにくくなります。フェースが開かないことでボールが左方向に飛びやすくなるので、右方向にボールが飛んでしまうスライス気味の人はボールを真っ直ぐ飛ばしやすくなります。

また、トルクの数値が低いと、手の動きに対してヘッドの動きが敏感になります。そのため、ヘッドの動きを自分で操作しやすくなり、球筋を打ち分けることができます。ボールをよりコントロールしたい人はトルクの数値が低いゴルフクラブを選ぶと良いでしょう。

トルクと硬さなどとの関係

ゴルフクラブのシャフトの硬さが硬いほど、トルクの数値が小さくなります。最近は硬いシャフトでもトルクが大きいものも販売しています。

トルクはヘッドスピードでも選ぶことができます。平均的なヘッドスピードが42m/sの人の場合、ボールを曲げたくない人はトルクの数値が3.5以下のシャフトがおすすめです。ボールを捕まえて飛ばしたい場合、トルクの数値が3.5以上のシャフトを選びましょう。

トルクはゴルフクラブのシャフトを選ぶ際に見るべきポイントの1つです。自分のスイングのクセやレベルに合わせてゴルフクラブを選んでみては?