初心者必見!ゴルフクラブの種類(ウェッジ)

ウェッジはアイアンの1つで3種類あり、それぞれ特徴があります。今回はウェッジの種類と特徴をまとめました。

ウェッジとは?

ウェッジとはアイアンの内の1つで、距離が短いショットで使用するゴルフクラブです。ウェッジはフルショットをするクラブではなく距離を合わせるクラブなので、打ち方や振り方を状況によって使い分けます。

ウェッジには3種類あり使用する場所は異なりますが、主にフェアウェイからグリーンへボールを乗せるために使用します。

そのため、グリーン周りで使うことが多い重要なゴルフクラブなので、3種類揃えた方が良いでしょう。

ウェッジには3種類あり「ピッチングウェッジ」「アプローチウェッジ」「サンドウェッジ」があり、それぞれ特徴があります。

ピッチングウェッジ

ピッチングウェッジとはボールを高く上げてフェアウェイからグリーンへ乗せたいときに使用するゴルフクラブです。飛距離は男性は110ヤード、女性は60ヤードほどなので、アイアンでは超えてしまう距離にある際に使用します。

ピッチングウェッジはほかのウェッジと比べて※ロフト角が小さいので高さは出ず、転がりが大きいのが特徴です。

※ シャフトの中心線とフェース面の傾斜角

アプローチウェッジ

アプローチウェッジは、ほかのウェッジと比べてアプローチ(※)に特化したゴルフクラブです。

アプローチウェッジは、ピッチングウェッジと比べて高さが出るので、ピッチングウェッジでは飛びすぎてしまうときに使用します。また、ボールはピッチングウェッジと比べて転がらないので、地面ではねることが少ないクラブです。

※ ホールに立てる旗竿(ピン)を狙えるようなところからボールをピンに近づけること

サンドウェッジ

サンドウェッジは主にバンカーや深いラフで使用するゴルフクラブです。ほかのウェッジと比べてボールを当てる面が上を向いているほか、砂の抵抗に負けないような工夫がなされています。

主にサンドウェッジはバンカーで使用するため、フェアウェイ上では打ちづらいのが特徴です。