ゴルフの素振り用クラブを選ぶポイントは?

普段使うゴルフクラブでの素振りもいいですが、様々な特徴を持つ素振り用クラブを導入することで効率的なゴルフの上達が期待できます。今回はゴルフの素振り用クラブの選び方についてまとめました。

素振り用のクラブの必要性とは?

ゴルフの素振りは普段使っているクラブでやればいいと思っていませんか?もちろん、普通のクラブを振り込むことも大切な練習です。しかし、素振り用のクラブではスイングを作るときに大切なグリップを意識するものやシャフトが柔らかくてしなりを意識しやすいもの、そして筋トレも兼ねられる重いクラブなど、用途に応じて多種多様なクラブがあります。自分が磨きたい能力を意識して素振りを行いたいと思うのであれば、素振り用クラブの導入を検討するのもいいでしょう。

重いクラブで身体を鍛える理由とは

重いクラブを使って体を鍛えると、スイングに使う筋肉を効率的に刺激することができます。通常の筋トレも大切な練習ですが、直線的な動きが多いのでうまくやらないと可動域が狭くなったりスイングに悪影響を及ぼしたりすることがあります。その点、重いクラブを使用した動きはスイングそのものなのでスイングを妨げるような筋肉のつき方を防ぐことができます。また、重いクラブでのスイングに慣れることで普段のスイングスピードの向上も期待できます。

長いクラブで手打ちを解消できる?

長いクラブを振ると、クラブのしなりを感じます。スイングをするときは、腕の力に頼るのではなくヘッドの遠心力をうまく使うことでヘッドスピードを上げます。そうした感覚をつかむためには、普段使うクラブよりも長いクラブを使うことが有効です。また、長いクラブを手だけで振ろうとするとしなりが効いているのでなかなかヘッドが出てこずに振りにくい感覚を覚えられます。そのため、長いクラブでの素振りは手打ちを防ぐためにも有効な練習方法となります。

軽いクラブでヘッドスピードは向上する?

軽いクラブでの素振りをスピーディーに繰り返すことはスイングスピードを高めるのに有効です。早いスイングを行うことで筋肉を刺激し、それを繰り返すことで速筋を鍛えることができます。例えば、重いクラブを使って筋肉を刺激した後に軽いクラブに持ち替えて高速スイングを繰り返すことで筋肉の肥大化と反応速度の向上が期待できます。どんなスポーツでも反復練習は大切です。体への負荷を小さくしつつたくさん素振りを行うなら、軽いクラブが良いでしょう。

ゴルフ上達のためにも、素振り用クラブの購入を考えてみてはいかがでしょうか。