コントロールが自由自在?ゴルフボールの種類であるスピン系まとめ

スピン系ボールはカバーが柔らかく、コアが硬いという構造をしています。ウェッジの溝に入り込むので、スピンがかかりやすく、縦の距離感が安定します。ここではスピン形について解説します。

スピン系ボールの特徴

このゴルフボールは、飛距離よりもコントロールを重視する人に好まれます。セカンドショットやアプローチショットをピンそばにピタリとつけるようなプレーをしたい人に選ばれています。その反面、ディスタンス系より飛距離で劣るという欠点があります。

多くのトッププロが愛用している種類ですが、初心者には扱いづらい側面もあります。なぜなら、スピンがかかり易いということは、ミスショットのスピンも大きく影響してしまうからです。

自分に合うボールを見極める1

ボールを選ぶ際は、自分にあったものを選ぶことが重要です。自分に合うかどうかは、自分の球筋から判断することができます。

自分の球筋がスライス系の場合、スピン系のボールは扱いが難しくなります。なぜならスライス系をよく打つ人は、ボールに多くのスピンがかかっていることが多いからです。そのためスピンがかかりすぎるという状態になります。すると空中で浮き上がる力が大きくなり、飛距離が落ちやすくなります。

自分に合うボールを見極める2

自分の球筋がフック系の場合、スピン系のボールは飛距離が出やすくなります。なぜならフック系をよく打つ人は、ボールにあまりスピンがかかっていないことが多いからです。こちらを選べば、足りないスピンを補え、飛距離が期待できます。

もしディスタンス系を選んでしまうと、スピンが少なすぎて早く落下してしまい、飛ばなくなってしまうケースが多くなります。ショットに自信があり、フック系の方には、こちらのボールが合います。

最新のボールはどのようなものか

本当に理想のゴルフボールとは、長いクラブで打つと、ボールが潰れて距離が出る上にスピンがかからず、短いクラブで打つと、うまくスピンがかかるボールです。

最近はピースの層が多いボールが主流になっています。これによって、ボールの状態を細かく調整でき、飛距離とスピンの両立を図っています。加えて層の形や比重にも工夫がされて、メーカーごとに特色のある、理想に近い高性能なゴルフボールが開発されています。

スピン系のボールを選びことでコントロールが良くなります。今回紹介したポイントを確認し、自分に合ったボールを選びましょう!