徹底比較!スピン系とディスタンス系のゴルフボールの性能、価格

初心者は見ておくべきスピン系とディスタンス系のゴルフボールの比較を見ておきましょう。使い方や特徴が大きく違いますので、今の自分に合ったボールを選ぶことが大事になってきます。可能なら色々使い比べてみましょう。

スピン系とディスタンス系の違いってなに?

ゴルフボールにも種類があるのを知っていらっしゃいますか?

今日はスピン系とディスタンス系のゴルフボールの比較をしてみたいと思います。絶対にどちらかの方が良いというわけではなく、各自の経験やプレースタイルによっても違ってきますので、それぞれの特徴を理解して正しいボール選びましょう。

ボールの特徴を掴むためにはある程度の期間同じ種類のボールで練習する必要がありますから、一定の間同じ種類のボールを使ってみてから使用ボールを決めるのがよいかもしれません。

最終的には打って打って打ち続けなければ特徴はわかりませんが、まずは基本的なボールの違いを知識として持っておきましょう。

ディスタンス系のボールで飛ばし屋になる

まずはディスタンス系のボールについて考えてみましょう。

このネーミングからするとよく飛ぶゴルフボールなのかなと思います。

しかし単純に遠くまで飛びやすいゴルフボールというわけではなく、正確に表現すると「スピンのかかりにくいボール」と言えます。

スピンがかかりやすいと狙ったところに飛ばすことができずショットの軌道が曲がりやすくなってしまうということが考えられます。

それでガンガン飛ばしたい方や、どうしても曲がってしまうという初心者に適したボールと言えます。

飛距離自慢のゴルファーにとってはプレーしてて楽しいゴルフボールかもしれませんね。

一方でスピンをしっかりかけてコントロールしたいプレーヤーにとってはちょっと物足りない印象を持つかもしれません。

スピン系のゴルフボールをしっかりコントロールする

続いてスピン系のゴルフボールについて調べてみましょう。

スピン系のゴルフボールはボールの表面が比較的やわらかく回転をかけやすいボールになっています。

それで二打目でしっかりと寄せたいプレーヤーなどスピンをかけることによってしっかりとボールをコントロールしたいプレーヤーにおすすめのボールのタイプです。

したがってどちらかといえば初心者よりも上級者や玄人向けと言えるボールがスピン系のボールです。

もしも上手にコントロールできないプレーヤーがこのボールで飛距離を出そうとするとスピンが予想以上にかかってしまい、スライスが出たり、思わぬ方向に曲がりすぎてしまうかもしれません。

飛ばし屋にはあまり向かない、どちらかというとアプローチを重視するプレーヤーに是非使ってもらいたいです。

使い比べて自分に合ったボールを見極めましょう

ゴルフボールの価格はメーカーなどによってもかなり違いますので、一概にスピン系とディスタンス系のどっちが高いとは言えません。

多くの場合1ダース単位で購入すると思いますが、倍くらい値段が違うということも多いと思います。

かなり価格が違うものがありますので、最初は比較的お求めやすいものから試してみるとよいでしょう。

さらに最近ではスピン系とディスタンス系の中間と言える球種もありますので、まだ自分のプレーのタイプが決まっていない方などはそうしたものを使用するのもひとつの手だと思います。

最終的にはそれぞれのボールを使い分けれるくらいのレベル目指して練習を重ねてゆきましょう。

初心者の方でもゴルフボールならどれでもいいやというような考えはやめて、早いうちからボールをしっかり選んでプレーに活かしていきましょう。

良いゴルフプレーは正しいボール選びからです!