ゴルフを始める初心者が知っておきたいゴルフクラブの種類

ゴルフをする上で重要になってくるクラブの種類や特徴。初心者はそうした事を知らずに先輩に勧められてクラブセットを購入してしまう人も多いのでは。今回はゴルフを始める人が知っておきたいゴルフクラブの種類についてまとめました。

クラブの種類と使い分け

ゴルフクラブの種類は持ち込めるクラブ本数が関わってきます。ゴルフ場コースに持ち込めるゴルフクラブの本数は14本。

このうち、通常のクラブセットはドライバーやウェアウェイウッドなどを含むウッドと呼ばれるクラブが3から4本、アイアンが5~7本、ユーティリティーが1~2本、パターが1本の組み合わせが基本です。

各クラブには特徴があり、コースやクラブの特徴から本数を持っているセットから必要本数をコースに持っていくイメージです。飛距離を長く飛ばしたかったら、長いクラブを選んだりして自分のプレーを有利に進めていきましょう。

各クラブは想定された飛距離があり、その飛距離に対して打ちやすく作られています。長いクラブなら長い飛距離を打ちやすく、短いクラブなら短い飛距離を狙うのが基本的な考えになります。初心者はクラブの持つ性質をこのように覚えておいていいでしょう。

クラブにある数字の意味

クラブには数義による番付があります。これは番号が大きくなるほど短い飛距離を打ちやすいデザインになっています。数字は番手といいます。

ドライバーを例に出して説明すると、ドライバーは基本的に第一打目に使われるゴルフクラブです。一番最初に使うクラブですから、遠くにボールを飛ばす必要があります。そのため飛距離を出しやすくするために、長く、ヘッドが大きく作られています。

しかし、その性能を保つために他のクラブに比べて芯に当てるのが難しいという特徴があります。そんなドライバーが持っている数字は1の1番ウッドです。

また、アイアンの場合1番から9番まであります。数字が小さいほど飛距離を稼げ、数字が大きいほど飛距離が落ちます。

上級者になると数字の持っている隠れた意味を知ることもありますが、数字は大きければ大きいほど飛距離が出る可能性があるとイメージしておきましょう。

知ってないと損!それぞれのクラブの特徴

まず、ドライバーの特徴を説明します。ドライバーは第一を打つためのクラブで一番シャフトが長くボールを遠くに飛ばすことを意識しています。

次にフェアウェイウッドのクラブですが、フェアウェイ上での長距離が楽に打てる特長があります。昔はフェアウェイウッド上で打ついはロングアイアンが必要でしたが、フェアウェイウッドの登場によりその流れも変わってきました。

アイアンはその名前の示すとおりに鉄製のヘッドを装着したクラブを一般的に指します。100ヤードから200ヤードの距離を打つために作られたゴルフクラブです。

ユーティリティーは初心者でもボールを当てやすいゴルフクラブです。

最後にパターは最後打で必ず使われるクラブです。家で練習している人もいるのではないでしょうか?

勝敗の要!パターの形状

パターにはいろいろな形状があります。代表的なヘッドの形として基本的なスクエア型や楕円形をしたものなどがありますが、これはゴルファーの感性で選びましょう。他にもいろいろなタイプのパターがあるので初心者は試打して気に入ったものを購入してみましょう。

パターはボールを入れるカップ(穴)があるグリーンで必ず使用するクラブです。精神的強い集中力を要求されます。プロでもミスをしてしまう可能性があるので、パターの選択はとても重要です。

少ない打数でボールをカップインすることを逃がさないためにもパターは値段を気にせず、自分に合ったものを選択したいですね。

初心者のパターはポンタープかボールの直進性で選ぶのがいいですが、それに拘らず自分に合っているものを選択することがパター選びで大切です。

今回紹介したポイントを確認して、ゴルフクラブの購入を検討してみては?