初心者必見!ギャップウェッジの3つの選び方

ゴルフを始めて徐々に上達してくると、色々なクラブを使い分けることができるようになります。その中にギャップウェッジというクラブがあるのはご存じでしょうか。選び方として重要なポイントを紹介します。

ギャップウェッジの選び方

ゴルフを始めて間もない頃はアイアンでの打ちっぱなしや、ドライバーにボールが当たったりをするだけで楽しく感じるものです。

しかしコースを回るようになると、さらに種々のクラブを使いこなさなければならないことに気づいてきます。ゴルフレッスンに通ったり、ゴルフ雑誌を見ていると、自分が今まで使ったことのないクラブに出会うことがあるかもしれません。

クラブの違いには、長さや重さ、材質の違いや製造方法の違い、グリップの差など様々な要素が絡んできます。しかし中には根本的に用途が異なってくるクラブもあります。

日本では一般的ではないかもしれませんが、ウェッジの中にもギャップウェッジと呼ばれるものがあります。今アメリカのトッププロの中でも使われる人気のクラブで、ピッチングウェッジの代わりにギャップウェッジを仕様するプロもいるようです。

こうした今まで使用したことのないクラブを試してみるのもレベルアップのきっかけになるかもしれません。さて、今人気のギャップウェッジですが、どんな点に留意して選べばよいのでしょうか?

ギャップウェッジの選び方で注目できる3つのポイントを簡単に見ていきましょう。

スチール製のヘッド

ギャップウェッジの選び方の1つ目のポイントはスチール製のヘッドです。

ヘッド部分がスチールでできているギャップウェッジは鍛造工法のものと鋳造方法のものがあります。

鍛造のものはフォージドと呼ばれています。多くの人が最初に経験するであろうスチール製のクラブで、感覚的にも慣れ親しんだ感触があるかもしれません。

ギャップウェッジは絶妙に距離感を測りたいときなどに使用し、真上から落とす感じでボールを運ぶことが多いので、打った時の感触などはプレーヤーにとって非常に重要になってきます。

ステンレス製のヘッド

ギャップウェッジの選び方のポイント2つ目は、ステンレス製のヘッドです。

先ほどのスチールよりも硬度があり、強さもあります。またサビにくいというメリットもあります。工法としては、溶かしたステンレスを鋳型に流し込んで形作っていきます。

ステンレスのヘッドの感触に慣れ親しんでいる方はギャップウェッジでもステンレスのヘッドが良いと感じるかもしれません。

軟鉄のヘッドで打感の良さを体験

ギャップウェッジの選び方のポイント3つあります。

スチール製のヘッドの中でも特に軟鉄を用いて製造しているギャップウェッジは、インパクトの瞬間の打感の良さに定評があり、それゆえにプロから高い支持を得ています。

しかし軟鉄を使用したヘッドで、しかもフォージド。つまり、鍛造のものは、ヘッドが小さいものが多く、ショットの難易度が高いことから、初心者には使いこなしにくいクラブとも言われています。

このように玄人好みのギャップウェッジですが、その中でも素材は色々違いがあり、好みによって選んでいく必要があります。

近年、中古でクラブを手に入れることも容易になってきているので、特にギャップウェッジを一本試しに使用してみたいという方は、中古のゴルフショップで探してみるのもよいかもしれません。自分にしっくりきたなら、新品の購入を考えてみてもよいでしょう。