自分に合ったものを選ぼう!ゴルフクラブのパターの長さ2つのポイント

ラウンドの中でもよく使用するのがパターであり、グリーンの上でも使用することからゴルフを知らない人でも見かけるゴルフトーナメントの中継などで見かける機会が多いのがパターです。ゴルフクラブの中では比較的選び方も簡単なので自分に合ったパターの長さを探してみましょう。

プロが一番練習するクラブはパター??

グリーンの上でボールを転がす際に使用するクラブがパターです。

実はゴルフのラウンドで一番多く使うのがこのパターであり、ゴルフトーナメントなどでもクライマックスで一番注目されるのがパターを使用するグリーン上ですね。

パターはとても重要な役割がありプロも一番練習するのがこのパターです。他のクラブとは違って数センチでもずれてしまうとスコアに大きく影響してしまうのでパターは慎重に選ばなければなりません。そう言われるとパターを選ぶのは難しいのではないか?と思ってしまいますが、ドライバーやアイアンの様に複雑なことはなく、パター選びそのものは簡単です。

要は自分とパターのフィーリングなのです。クラブとのフィーリング?と思うかもしれませんが、使う頻度が高いパターだからこそこだわるべきなのではないでしょうか。

パターの種類

他のクラブよりもかなりの種類があるパターですが大きく分けるとピン型、マレット型の二つに分けることが出来ます。

その中でオフセットタイプやセンターシャフトタイプ、ヒールシャフトタイプ、L字タイプ、マレットタイプやネオマレットタイプと分けられるのですが、中でもマレットタイプはかまぼこの様な形をしたパターで、スイートエリアが広いため、初心者でも比較的使いやすいパターで上級者でも愛用している人は多くいます。

マレットタイプよりもヘッドが大きく斬新な形状をしているのがネオマレットタイプですが、重心震度が深いことや直進性に優れていることからこのタイプはマレットタイプと同じく人気があります。逆にL字タイプは最もスイートエリアが狭いことから一般的には難しいパターと言われています。

パターの長さのポイント~1~自分がストロークしやすいかどうか

パターが長すぎることでストロークの感覚が重くなってしまい逆に短くなると軽くなります。

数センチでもずれるとスコアに響いてしまうパターではクラブをコントロールすることが重要な要素になり、長いパターの場合はラインが出やすく、引っ掛けにくいというメリットがありますが長すぎることでダフリやオーバーが多くなってしまうというデメリットがあります。短いパターの場合は振りやすく、比較的コントロールもしやすいのがメリットですが、力が入りすぎ引っ掛けやすくなってしまうというデメリットがあります。

このことから自分に合ったサイズを選ぶことが重要であり、身長に合わせて選ぶのが一般的ですが、結局の所は自分が使いやすいかどうかで選ぶと良いでしょう。

海外のゴルフ中継などを見ていると海外の選手の中には明らかに短いと感じるジュニア用のパターを使っている選手もいたりします。

パターの長さのポイント~2~自分にしっくりくるかどうか

ゴルフショップや練習場でパターを試し打ちするのと実際のグリーン上で打つのとでは全く違います。グリーン上ではグリーンの状態も考える必要があり、グリーンの状態に合わせた長さに調節しなければなりません。例えば重たいグリーンの上では比較的短めで軽いパターが好まれます。逆に早いグリーンの上では比較的長めで重いパターが好まれるのです。その方がしっくりくるからというのが理由ですね。人によっては早いグリーンの上で長めにしてしまうとオーバーすることもあると言って短くて重たいものを用意している人もいます。

長さでパターを選ぶ際にはその重さにも注意してみましょう。

自分似合うサイズを探すことが大切であり、中には有料で自分に合ったパターの長さ選びのアドバイスを受けている人もいたり、より自分にしっくりくるパターを求めるためにシャフトカットをして調整をしている人もいます。シャフトカットはすぐに実行するのではなく、短めに持って試してみたりするのも良いでしょう。

スコアに直結するパターは自分のフィーリングに合うものを選びたいですね。