自分に合ったゴルフクラブを選ぼう!ゴルフにおけるシャフトのフレックスとは?

自分に合ったクラブを選ぼう!ゴルフにおけるシャフトのフレックスとは?車夫のフレックスを知ることであなたのゴルフの技術的な限界や可能性を知ることができますよ。もし今お使いのクラブに限界を感じている方は是非参考にしてみてください。

フレックスの呼び名と基礎知識について

ゴルフクラブのシャフトにはフレックスという硬度が定められています。アルファベットで表され、L(リンバー)、A(アベレージ)、R(レギュラー)、S(スティッフ)、X(エクストラ)という種類があります。硬度で言えば、Lが一番柔らかく、Xは一番硬度が高いです。硬度が高ければ高いほどシャフトはたわみにくくなります。ゴルフでは打球の飛距離を伸ばすためにはスイングスピードのほかにクラブのたわみも重要なのでクラブを選ぶときには注意を要します。

ヘッドスピードとシャフトフレックスの関係とは

シャフトフレックスが硬ければシャフトのたわみが小さいので、自分の思い描くスイング軌道でスイングができます。そのため、もともとヘッドスピードが速い人にとっては硬いシャフトを選ぶことでショットを安定させることができます。ヘッドスピードに不安がある人の場合、シャフトがたわむことで力を入れなくてもヘッドスピードを高めることができるため、シャフトフレックスが柔らかいものを選択するといいでしょう。

フレックスが合っていないと引っ掛けが多い?

十分ヘッドスピードが速い人がシャフトフレックスの柔らかいクラブを使うとどうなるでしょうか?スイング中にシャフトがたわみますので、自分のイメージしているスイングよりもヘッドが遅く出てきます。そうなると、自分ではフォロースルーに入る状態にもかかわらずヘッドはインパクトを迎えるというズレが生じてしまい、ボールを引っ掛けやすくなります。その逆もしかりで、ヘッドスピードが遅い方が硬いシャフトを使うと思っているよりも早くボールをインパクトしてしまうのでフェース面が閉じやすく、引っ掛けが出やすくなります。

自分のスイングにあったクラブ選びは必要

正しいスイングをしているつもりでも、クラブが自分に合っていないためにミスショットになってしまうのは苦しいものです。そのため、自分のスイングと相談して、自分に合ったクラブを選ぶことは非常に大切です。また、練習を重ねるうちにスイングスピードが上がり、クラブが合わなくなることもあります。そのため、もしプレーでミスショットが多くなってきたと感じる場合にはクラブを見直すと良いでしょう。