ボールが高く上がる!「中空アイアン」とは?

アイアンには大きく分けて3種類ありますが、なかでもボールが上がる中空アイアンは多くの人に扱いやすく、スコアメイクもしやすい事で知られています。奥が深いアイアンの魅力と、スコアアップのためにおれだけ重要かをご紹介します。

アイアンは奥が深い

ドライバーで遠くにボールを飛ばすのがゴルフの面白いところですが、ホールまでの微妙な距離を上手に縮めていくアイアンショットも醍醐味のひとつです。

飛ばし過ぎてもいけなませんが、飛距離が短すぎてもスコアを伸ばせないという距離に対して、どのようなアプローチを見せるのかはプレイヤーの腕の見せ所と言えるでしょう。

アイアンといっても、その種類は様々で、それぞれに特徴があります。

どのように打つかはもちろん大切な事ですが、どんな特徴のあるアイアンかをはっきり理解していないと、ナイスショットは生まれません。

アイアンの種類

アイアンには大きく分けると3タイプあります。

一つ目はキャビティアイアンです。

このアイアンはスィートスポットが広く、ミスを極力抑えることができ、誰にでも扱いやすいタイプです。

もう一つは、マッスルバックというもので、ヘッドの操作性では高い能力を発揮しますがミスしやすいため初心者には扱いにくいタイプと言えるでしょう。

そして、3つ目に中空アイアンがあります。

このタイプはフェース上下のミスに強く、弾道も安定する特徴を持ちます。そして、ボールも上がりやすい事も大きな利点と言えます。

中空アイアンを使いこなす

ボールが上がる中空アイアンは、その中が空洞になっているのが特徴です。

その弾道も安定するため、飛距離を伸ばしてスコアをまとめたいと思うプレーヤーにとってはまさに扱いやすいアイアンといえます。

ユーティリティアイアンとして、コースに出たら活躍する事は間違いないため日ごろから自分の持つアイアンの特徴を知り、その扱い方を習得しておきましょう。

このような理由から、上級者になればなるほど、アイアン選びに妥協しません。

同じ中空アイアンであったとしても、メーカーによって仕様が異なりますしスイングした感触も異なります。

もし、ある程度まで上達したのに、もう一歩スコアが伸びないという方は、もしかするとアイアンでのアプローチに少し工夫が必要なのかもしれません。

そのような時には、自分が使っているアイアンがどのタイプなのか、アイアンショットの成功率はどれくらいなのかをまず分析してみましょう。

もしかすると、アイアンのタイプやメーカーを変えてみる事が成績アップのきっかけになるかもしれません。

自分に合ったアイアンとスイングでスコアアップ

アイアンはコースに出ると90前後のスコアで回る場合、40回ほど使用すると言われています。

これはつまり、半数近くはアイアンでボールを打っているという事です。その意味で中空アイアンは重心が後方に移動しており、ボールが上がりやすくて、方向性も安定しているため、スコアメイクしやすいアイアンと言えるのです。

とはいえ、自分にあった重さや長さのものを選びましょう。

特にヘッドの重さは、スイングスピードなどにも大きく影響します。

どんなにいいクラブを使用したとしても、スイング時の重心移動、手首の返し、軸回転が上手く機能しない事には、クラブ本来の力も生かせませんし、ボールへのインパクトも安定せずミスショットを多く生み出してしまうでしょう。

そうならないために、まずは安定したスイングを身につけましょう。当たり前の事ですが、打ちっぱなしなどでの練習の際も、ドライバーの飛距離だけでなく、アイアンの扱いに熟達する事が不可欠です。