ライ角が重要!ゴルフクラブ選びの際にチェックすべきポイント

ライ角は特にアイアンではボールをまっすぐ飛ばすためには重要な要素です。あとで調整も可能なので、自分に合ったライ角に調整して、充実したゴルフライフを楽しんでみませんか。

ライ角って何?

ゴルフクラブにおけるライ角とは、クラブを正面から見た時のヘッドのソールとシャフトの角度のことです。ライ角が大きいほどシャフトが立っていて、小さいほど寝ています。ゴルフクラブの中でもドライバーの場合はあまり考えなくて良い角度ですが、アイアンの場合は、ゴルフクラブ選びの時にとても重要な角度です。ライ角があっているかいないかでは、ショットのしやすさが格段に違ってくるのです。また、ボールをまっすぐ飛ばすようにするためにも大切な要素の一つです。

自分に合ったライ角とは?

特にアイアンの場合は、自然にアドレスを取った時にゴルフクラブのソールが地面と平行になる必要があります。ライ角はソールとシャフトの角度なので、身長が高い人ほど、ライ角は大きく、身長が低い人ほど小さい角度になります。日本のゴルフ用品売り場には日本人に併せたゴルフクラブの品揃えが豊富なので、あまり気にする必要は無いといわれてはいますが、ゴルフクラブを購入する際には、アドレスをしてみてソールが平行になるかどうかを確認してから購入する方が良いでしょう。

ライ角が悪いとどうなる?

ライ角があっていないとボールの方向性が悪くなります。まず、ゴルフクラブのトゥが浮いている状態にあっていない場合は、ヒッカケのミスを誘発しやすくなり、ボールは左側に飛び出してしまいがちです。逆にゴルフクラブのヒールが浮いている状態であると、ボールは弱々しい球筋で右側に飛ぶようになってしまいます。この特性を補正しようとしてスイングでカバーしようとすると、ドライバーショット時などに悪影響が出てしまいます。このような場合は、ライ角があっていないことをまず疑ってみると良いでしょう。

ライ角は調整できる!

高価なアイアンクラブセットを購入してしまったけど、今考えてみるとライ角があっていない。アイアンクラブセットを購入し直すしかないのでしょうか。そんなことはありません。ゴルフクラブショップなどに持ち込むと調整することが可能です。まず、大きなショップには”ヘッドスペック測定器“と呼ばれるものがあり、ライ角を測定できます。その測定結果に基づき、リシャフトと呼ばれる作業にてロフト角度調整を行ってもらえます。8本セットでも6,000円程度の価格で、ゴルフクラブを買い直すよりも安い価格で調整してもらえます。