ゴルフクラブのシャフト硬さはどんなことに影響するの?

ゴルフクラブを選ぶとき、シャフトの硬さはあまり気にしてこなかった方は注意が必要です。自分にあった硬さのゴルフクラブでないと、思うようなショットが打てずスコアが伸びません。今回はゴルフクラブのシャフトの硬さについてまとめました。

シャフトの硬さの種類とは?

クラブのシャフトはそれぞれ硬さが異なっています。アルファベットで表記されておりR、S、Xの順に硬くなります。シャフトが硬ければ硬い分だけクラブがたわみにくくなります。なぜ種類が分かれているのでしょうか?それはプレーヤーのスイングスピードによって最適な硬さが異なるからです。

遠くへ打球を飛ばすには、スイングスピード以外にクラブのたわみを利用することが必要です。そのたわみがどれくらいあると打ちやすいかはプレーヤーによって異なるので、複数の種類があります。

クラブのたわみと飛距離の関係とは

クラブのたわみをうまく利用すると、ヘッドの遠心力を強く利かせることができるので打球の飛距離が伸びます。そうなるとたわみが大きければ大きいほうがいいと思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。クラブがたわむとヘッドコントロールは思う以上に難しくなります。

フェースの正面でインパクトできないので距離が出なかったり、思ったのとは違う方向に打球が飛んでいく危険性もあります。そのため、自分にあった硬さを見つけるのが大切です。

ヘッドスピードとシャフト硬さは関連している?

スイングが早い人の場合、クラブがたわみやすいのでスイング軌道がイメージ通りになりにくく、打球がブレやすくなりがちです。そのため、シャフトは硬いものがよいでしょう。一方、スイングが遅い人の場合だとヘッドスピードが遅いため、そのままだと十分な飛距離が出せません。そこで柔らかいシャフトを利用することでたわみを大きくし、ヘッドスピードを上げることで楽に飛距離を伸ばすことができます。プレーヤーのヘッドスピードによって、シャフトの硬さを選ぶ必要があります。

シャフト硬さの測定法と表示はどうなっているの?

シャフトの硬さを測定する方法には2つあります。1つはクラブに重量をかけることでどれくらいたわむかを調べるベンド測定法です。もう1つはグリップを固定した状態でクラブを振動させて振動数を調べる固有振動数測定法です。計測した結果はアルファベットとは別に数字で表示されます。固有振動数測定法の場合、振動数が小さいほうが柔らかいため、同じメーカーで6.0と6.5という表示があった場合、6.0のほうが柔らかいと言えます。

メーカーによって測定法がまちまちなため、同じ記号や数字でもメーカーが異なると体感が異なることもあります。

ゴルフ上達のためにも自分のスイングスピードと相談して、適したクラブを見つけましょう!