冬のゴルフを楽しむために!冬のゴルフ場で着るべき服装って?

ゴルフは意外にも待ち時間が長くなってしまうスポーツのため、ゴルフ場での冬の防寒対策は大切です。しかし、ただ厚着するだけでは身体機能のパフォーマンスを阻害してしまいかねないため、着用の際はバランスも考えなくてはいけません。例えば、カイロをポケットに入れておくなどの対策方法もあります。

ゴルフ服装の基本的なマナーとは?

ゴルフには少しだけ厳しい、暗黙のルールがあります。ゴルフ初心者の方がゴルフ場でラウンドするにあたり、特に気になるのが服装マナーではないでしょうか。しかし実際にはあまり難しいことはなく、夏冬にかかわらず、最低限のマナーさえおさえておけば特に問題はありません。

プレイ時の基本的な服装マナーとしては、以下のようなものがあります。これらのポイントおさえた上で、季節に合った服装を選びましょう。

・襟付きのシャツ・シャツはズボンの中に入れる

・帽子かサンバイザー着用

・ズボンはスラックスやチノパンなど(ジーンズやジャージはNG)

・女性は短すぎる丈のスカートはNG

・タオルを首にかけたままにしない

・ゴルフシューズは必ず着用する

防寒対策は機能性の高いインナーが決め手!

冬のゴルフ場は非常に寒いため、動きやすさと保温性を備えた服装を選ぶ必要があります。また、プレー中は身体が温かくなるため、上着はすぐに脱げるような衣類を着用するのがおすすめです。ただ、重ね着しすぎてしまうと動きにくく、本来の実力を発揮できなくなります。そこで役立つのが、機能性の高いインナーです。衣料品販売店でも買えますし、スポーツ専門店などでは、より発熱し伸縮性がよいインナーを購入できます。パンツタイプのインナーもあるため、そういったインナーを着用する際は足腰を守りつつも、上下合わせて着るのが、おすすめです。

ラウンド時に最適なアウターは?

冬の服装は、保温性のあるインナーを着ているとそれなりに暖かいですが、やはり冬のゴルフ場は非常に寒いので、暖かいアウターは必要となります。しかし、モコモコしたダウンジャケットなどでは、動きにくくプレイの妨げにもなります。ダウンを着用する場合は移動時や待ち時間にのみ着用し、打つときは、脱ぐようにしましょう。

薄手のウィンドブレーカーやダウンベストは動きやすく、着たままプレイしてもスイングに支障が出ないため、一着持っておくと重宝します。また、ズボンの上に重ねて履くオーバーパンツなどを着用してプレイするというのもおすすめです。

もう一アイテム加えて更に快適に!

ここまでの話でインナーとアウターの着用のコツは何となく、わかっていただけたかとは思いますが、ゴルフ場でのプレイの冬対策はプチアイテムを加えると、さらに快適な服装となります。

例えば、ニット素材の帽子の着用は必須です。ゴルフでは、ボールから頭を守るため、帽子の着用がマナーとされています。夏は熱中症対策、冬は防寒にも役立ちます。冬はニット素材の物がお勧めで、最近はニット帽につばがついているものも売られています。

ニット帽が苦手な方はネックウォーマーの着用もおすすめです。ネックウォーマーは外気が入り込みがちな、首回りをじんわり温めることができます。ドレスコード的にも問題ないため、一つ持っておくといざという時に役立ちます。

その他、ウォームグローブは手の冷えを緩和し、寒さで手の感覚がなくなるのを防止できるため、最近は若い人を中心に流行しているようです。手のひらの面は革製なので、グリップ力を落とさないといった効果もあるようです。