ゴルフ場ではマナーを守っておしゃれに!女性ゴルファーにオススメの服装とは?

女性がゴルフ場に行く際の服装は、同伴者の方のためにも、自分のためにもマナーに沿ったものを選んだ方が良いです。しかし、あまりに華美になってしまうのも良くないため、綺麗めなOLなどをイメージすると良いでしょう。

ゴルフ場に行く時の女性の服装は大切!

女性が初めてゴルフ場に行く際、特に迷ってしまうのが服装です。動きやすいものが良いと思われがちですが、実はマナーがあり、動きやすいと思って着てしまいがちなアイテムが実際にはダメな場合もあります。

女性ゴルフ雑誌などに載っているものを見て買ってしまう前にマナーを守った服装についてよく知ってから買いに行くことで、いざコースに行った時に恥ずかしい思いをし、買い直す手間や費用がかかることを防げます。

本来のあるべき服装マナー、ポイントを知り、それを踏まえた上で楽しいゴルフライフを送れるようにしましょう。ゴルフ場によっては入場する際に断られてしまう服装もあるため、事前に調べておくことが大切です。

女性がゴルフ場に行く際の服装の大きなポイントとは?

まずゴルフ場に行く際の服装ですが、エリ付きの洋服がおすすめです。昔はゴルフ場によってはエリ付きの服でないと入れないというところもありましたが、近年はエリなしでも良いコースもあります。

ただ、出来る限り、エリ付きを選んだ方が無難です。その洋服の上に羽織る服ですが、ジャケットがおすすめです。マナーを心得ている人ほど、ジャケットを着ています。ゴルフ場では同伴の女性の服装が与える影響は大きいです。そのため、好印象になるジャケットを持参することで同伴者の顔を立てる事にもつながります。

服装のほかにも気を付けなけれないけない靴とは?

女性がゴルフ場に行く際、動きやすく運動に適しているスニーカーを履いていくことが良いと思われがちですが、本来のマナーとしてはおすすめできません。

ピンヒールやビーチサンダルももちろんいけません。せっかく服装がしっかりしていて第一印象が、良くても靴がマナー違反ではがっかりされてしまいます。靴は意外と見られるアイテムでもあります。

同伴者の方が年配の方の場合はローパンプスがゴルフ好印象です。ゴルフ場によってはスニーカーやビーチサンダルやピンヒールの方は入場お断りの場合もあるので、気をつけなければなりません。

女性がゴルフ場に行く際に、ジーパンはNGアイテム!

女性がゴルフ場に行く際の服装でジーパンはいけません。なぜならゴルフは紳士的なスポーツだからです。ジーパンは作業着とされており、「なぜジーパンなんて履いてきているんだ」と同伴者の方に言われかねません。

一方、極端に短いスカートも良くありません。極端に露出の激しいものは見苦しく見えてしまいます。更にスカートの場合、しゃがむ動作などもあるスポーツなので下着が見えてしまわないようにするものをスカートの下に履き、チュニックなどを着用するのが、特におすすめです。