ファッションセンスを問う!ゴルフでオシャレに着こなす夏服装

暑い夏にゴルフを楽しむためには、暑さや紫外線対策は不可欠です。また、快適なプレーをするだけでなく、マナー違反にならないためにも、事前にドレスコードの確認をしておきましょう。

暑さ対策と紫外線対策を忘れずに

夏場にゴルフを楽しむためには、暑さや紫外線から体を守ることが大切です。そのためには、帽子やサンバイザー、サングラスを着用することがお勧めです。万一、飛球を受けたときに衝撃を和らげることにもつながります。

また、UVカットの日傘やシリコン素材の氷嚢、瞬間冷却スプレーなどを用意して、プレー時以外に有効活用しましょう。クールコアタオルや首元を冷却するスカーフなども人気です。なお、タオルを多目に準備することがお勧めですが、プレー中に首からぶら下げるのはマナー違反になるのでくれぐれも注意しましょう。

プレーに影響のない夏仕様の服装とは?

夏は汗をかき、体がべたつきやすいため、プレーに影響を及ぼすことも少なくありません。それを防ぐためには、速乾性のある素材を使ったアンダーウエアの着用をお勧めします。暑い時期にアンダーウエアを着るのは驚きかもしれませんが、汗を吸収するため涼しく感じます。具体的には、通気性がよくて動きやすいメッシュ素材のものが理想的です。

また、襟付きシャツの半袖とハーフパンツを着用すると涼しく、快適にプレーをすることもできます。ちなみに、シャツの素材もアンダーウエアと同じく速乾性が期待できるものがいいです。

コースによって異なる夏のドレスコード

ゴルフを楽しむときは、その場に合った服装を心掛けることが大切です。ドレスコードはコースによっても異なりますので、事前にゴルフ場に確認しておきましょう。

夏場は暑い季節だけに、コースによっては、ポロシャツにハーフパンツでよいとするところもありますが、あまりにラフなスタイルはドレスコードに反するため、くれぐれも注意したいですね。また、ジャケットを持っていくかどうか迷うこともありますが、ゴルフ場へ行くときは持参することが一般的です。夏場であってもプレー中の着用が推奨される場合もありますので、こちらもきちんと確認しましょう。

こんな服装で恥をかく?夏の服装での失敗例

服装についての具体的な基準はゴルフ場によって異なります。特に、暑い季節は間違った服装をしがちですので、男女に共通する最低限の服装マナーを知っておきましょう。

まず、シャツは袖付き・襟付きが基本です。また、上着の裾はズボンの中に入れることや、ベルトの着用も必要です。短パンやショートパンツ、極端に丈が短いスカートも禁止されています。

なお、アンダーウエアが半袖シャツからはみ出ることを禁止しているゴルフ場もありますので、半袖アンダーウエアを用意しておきましょう。