ゴルフで使用するグローブの役割ってなに?選び方まとめ

ゴルフで使用するグローブには手の負担を和らげる効果があります。今回はグローブの役割と種類、選び方をまとめました。

グローブの役割とは?

グローブの役割はクラブがすべったりすることを防ぎ、手にかかる負担を和らげる必要があります。右打ちの人はグローブを左手に着用します。両手用のゴルフグローブもあります。

グローブには天然皮革と合成皮革の2種類あり

グローブには天然皮革、合成皮革の2種類あります。天然皮革は薄く柔らかいので、伸縮性が高く人工・合成皮革よりもなじみやすいのが特徴です。水分を多く吸ったあとは硬くなってしまうのが欠点です。人工・合成皮革は汚れやカビに強く、価格が天然皮革と比べて安いのが特徴です。最近は伸縮素材を部分的に用いて機能性を高めたモデルも販売しています。

フィット感が重要

グローブ選びで重要なのはフィット感です。手によくなじむサイズでないとゴルフクラブを構えてボールを打つときに違和感を覚えることがあり、集中して打つことができません。デザイン性やグリップ力もグローブを選ぶ際に見るべき点の一つですが、まずは手によくなじむかどうかを確認してからグローブを選ぶと良いでしょう。

メンテナンスが必要かどうか

天然皮革のメンテナンスは日陰で干すと比較的長持ちします。また、くしゃくしゃに丸めてバッグにしまうと型崩れの原因となり寿命を早めます。そのため、天然皮革は人工・合成皮革のグローブと比べてややメンテナンスが面倒くさいです。あまりメンテナンスを必要としないグローブが良い人は人工・合成皮革のグローブを選ぶと良いでしょう。